/General

コーディング不要でVRアプリをすばやく作成する方法

コーディング不要でVRアプリをすばやく作成する方法 先週、ジンマー・バイオメット・デンタルのティム・ドハーティ氏とのインタビューと顧客成功事例を発表しました。主な取り組みの1つは、InstaVRを使用してOculus Riftアプリを作成し公開することがいかに迅速にできたかということでした。 ジンマー・バイオメット・デンタルの事例をもとに、厳しい締め切りの中で、素晴らしいVR体験を生み出すためのステップをより深く探求したいと思っていました。 InstaVR無料体験アカウントにサインアップし、ぜひ展示会、会議、企業のイベントなど用にデモアプリを作成してみてください!活用のイメージができたら、InstaVR PRO版へアップグレードし、次は本番用のアプリケーションの作成です! 1.360画像/動画撮影を行う前にストーリーボードを作成 アプリ用の360度メディアを撮影する前に、ドハーティ氏はジンマー・バイオメット・デンタルが運営する教育機関の1つを訪れました。彼はVuze 360 3Dカメラを使用して360度の画像をOculus Riftホーム画面の画像として使用し、視聴者が見ることができる歯科修復の3つの動画を使用しました。これらはすべて非常に短期間でドハーティ氏によって撮影されました。撮影中の成功の鍵は事前の計画にありました。アプリをオーサリングする前にきちんと構想を立てることができれば、満足した結果を得られる可能性が高くなります。これは目標を明確し、それに向かって行くことができるためです。私たちが強く勧めるアプローチの1つは、撮影を開始する前にVR体験をストーリーボードにすることです。使用できるソフトウェアはたくさんあります。私は個人的に、計画を簡単に視覚化したり、内容をシェアすることができるWebベースのプラットフォームのTrelloを使用しています。 ストーリーボードは360度撮影の計画を整理するのに役立ち、貴重な時間を節約します。 2.InstaVRにアップロードする前に360度メディアを整理する ジンマー・バイオメット・デンタルは、彼らが出展していた学会で使いやすさを最大限に生かした、非常に簡単なアプリケーションを作成しました。そのために必要なメディアは、360度画像(ホーム画像)、3つのアイコン画像(ユーザーがRiftから選択するためのもの)、3つの360度の動画だけでした。アップロード前にメディアを整理することにより、InstaVRのプラットフォームで一度に簡単にオーサリングできるようになりました。 InstaVRで作成する各プロジェクトにはそれぞれのファイルマネージャがあり、最終的なアプリケーションに含めることができるメディアが保存できます。撮影したすべてのメディアをアップロードするのではなく、ファイルマネージャフォルダには、そのプロジェクトで使用する予定の360画像/動画と2Dホットスポットメディアのみのアップロードに制限します。 カメラからダウンロードしてInstaVRにアップロードするシンプルなアプローチは、かなりの時間を節約します。ファイルの名前を簡単に識別できるようにすることも重要です。 多くのパノラマプレビューは同じように見えるので、InstaVRではファイル名での表示とファイルのプレビューイメージの表示を切り替えることができます。しかし、これの機能を最大限に利用するには、わかりやすいファイル名が必要です。 ファイルを簡単に識別できる名前を付けるなど、メディアを整理することは、オーサリングの時間を節約します。 3.InstaVRですばやくパブリッシュ、テスト、修正 「まずすべての映像をInstaVRにアップロードしました。そして、アイコンが正しくVRアプリで見えるように何度かテストを行いました。素晴らしい機能は、資料をアップロードして微調整し、ワンクリックでアプリ作成ができることでした。アプリをダウンロードしてすぐにOculus Riftを利用してすぐに見ることができました。」とドハーティ氏の言葉からもわかるように、目標は、最小作業でアプリを作成することでした。その後、編集や調整を行い完成したアプリに素早く手を加えることができました。 InstaVRはアプリ作成ごとに追加課金が発生しないので、アプリのパブリッシュ、テスト、微調整をメディアを追加するごとに繰り返し行うことができます。 パブリッシングはワンクリックと簡単なので、変更やパブリッシュを行う前にエンドユーザーエクスペリエンスを確認することができます。完成したVR体験を最も早く確認するには、ワンクリックでWebにパブリッシュすることもできます。また、iOS、Android、またはGear VR向けに公開する場合は、ライブプレビュー機能を使用することをお勧めします。ライブプレビュー機能を使用すると、作成途中でもパブリッシュすることなくリアルタイムでエンドユーザーエクスペリエンスを表示できます。 Webにパブリッシュするか、またはライブプレビュー機能を使用すると、完成したアプリを素早くビジュアル化するのに役立ちます。 4.もし困った時には… ドハーティ氏は、VRについての知識があり今年はOculus Riftアプリを作成しました。 InstaVRは主にスピードと使いやすさが評価され使用されました。 ユーザーに中には、コーディングの知識がなくてもVRアプリケーションを作成できることが理由で、InstaVRを導入している人も多くいると思います。よりInstaVRを理解し、活用するために次のリソースがあります。チュートリアル InstaVR コンソールの右上にあるリンクからアクセスできるインタラクティブチュートリアルは、インターフェイスの上に表示され、VRアプリケーションのオーサリングとパブリッシュの際に使用する主な機能を説明します。機能の説明 各オプション機能の横に“?”が表示されている場合は、それをクリックし機能の説明を表示することができます。ブログ 新しい追加機能の情報などをブログで紹介しています。ブログは(http://www.instavr.co.jp/articles/category/support)からアクセスできます。サポート コンソール画面の“お問合せ”から、ライブチャットやメールでテクニカルドキュメントに記載されていない専門的な質問がある場合は、サポートを利用することができます。 チュートリアルは、InstaVRの基本機能や使い方を理解するのにとても便利です! ライブ録音:1分間でInstaVRを使ってVRアプリ作成 15秒で自社のWebサイトへの埋込が可能です! このYouTube動画はライブで録画され、速度調整処理はおこなわれていません。

November 26th, 2017|

新ヒートマップ機能(ヒートマップ v2.0)

新ヒートマップ機能(ヒートマップ v2.0):ライブヒートマップ、3Dヒートマップ、グリッド表示のヒートマップ InstaVRは、新ヒートマップ機能(ヒートマップ v2.0)のリリースを発表しました。ライブヒートマップアクセス、3Dヒートマップビュー、一目でわかるグリッド表示のヒートマップ、すべてのVRプラットフォームで利用可能など、主な新しい機能の説明については、上記のビデオを参照してください。 VR初心者は初めてのアプリ作成にInstaVRを選んだことで、アプリ作成の成功はほぼ約束されています。 しかしながら、VRを使用して従業員のトレーニングを行い、製品/サービス/経験を販売し、研究することを真剣に考えている人には、VRユーザーの視聴データを活用することは不可欠です。 Webマーケティング担当者が15年前にアナリティクスを採用したように、VR作成者はユーザー行動データの価値を認識し始めています。そこでInstaVRは、ヒートマップv2.0をリリースしました。視聴者のVRの使い方を視覚的に表す、より確実で包括的なアプローチです。 以下では、ヒートマップv2.0の主な機能とそれぞれの利点について説明します。ご不明な点がございましたら、お気軽にライブチャットを通じてカスタマーサクセスチームにご連絡ください。 *************************************************************************************************** 1.ライブヒートマップ ライブヒートマップとは? 以前のヒートマップ機能では、ヒートマップデータが収集されたときに、1日を通して収集されたデータポイントを集計しました。ヒートマップv2.0を使用すると、ユーザーがVR体験を視聴しているデータを、ヒートマップとしてリアルタイムで見ることができます。 ユーザーがVRアプリケーションのどこをどれ位見ているか、フィードバックを得られるツールをお探しの場合、ライブヒートマップ機能は非常に便利です。今までの方法は 、Vive / Riftを使用し視聴者のヘッドセットとモニターを接続し、どこを見ているかモニター画面に映し出すか、Chromecast経由でChromecastに接続されたGear VR / Daydreamを使用して、視聴者が何を見ているか、モニター画面に映して確認する方法しかありませんでした。 ヒートマップv2.0でのライブヒートマップ表示機能を使えば、VRアプリを体験している離れた場所、例えば別の大陸にいるユーザーがどこを見ているか、リアルタイムで情報を得ることができます。 どんな場面で便利ですか? マーケティング/営業 マーケティング/営業では多くの活用できるシーンが多くあります。たとえば、店舗のレイアウトを設計していたとしましょう。潜在顧客が最も売りたい利益率の高い製品をどれくらい見ているか知りたいと思いませんか?店舗レイアウト案をいくつか準備して360度カメラで撮影してください。まずは試験者にVRアプリを使って作成した店舗レイアウトを見てもらい、ライブヒートマップ機能を使ってレイアウトのどこに注目をしているか、リアルタイムで見ることができます。ライブヒートマップで特定のパターンを分析することで、利益を最大化するためには実際の店舗レイアウトをどうすればいいのか再調整することができます。 トレーニング 新入社員入社前には、実際の職場環境での経験がないため、バーチャル体験では全く新しい環境での体験になるため、何が彼らの注目を集めるのかを知ることができます。そして実際の生活の中で適切に対応する方法を指導することができます。例えば、警察官のようなストレスの多い状況では、VRを使って仮想体験をすることで実際の現場での体験を経験でき、事前に対応になれておくことができます。もし彼らが間違ったポイントに焦点を当てているならば、もっと論理的なアプローチをとることを教えることができます。 研究者 科学と学術の分野でのVRの導入は、比較的早い段階から行われています。しかし、今まではVR体験が完了するのを待って、それぞれの体験者からフィードバックをもらうしかありませんでした。今では、研究者は、被験者と同じ部屋にいる必要はありません。後から実際の視覚的証拠とともに、被験者が何に焦点を当てていたかを見ることができます。 *************************************************************************************************** 2.3Dヒートマップビュー 3Dヒートマップとは? 従来のヒートマップビューは2Dでの表示でした。新機能のヒートマップv2.0を使用すると、ヒートマップデータを3Dで見ることができ、実際の360度 VR画像が表示され、その中にヒーマップデータが反映されるためとてもわかりやすくなりました。 なぜ重要なのですか? 上級VRユーザーが3Dの360度環境を作成する場合、2Dヒートマップはそれほど価値がありませんでした。その理由はシーンの輪郭や奥行きを考慮し表示することができなかったためです。3D画像を2D環境で重ねて表示すると、視聴者の視点データの情報が誤って解釈される可能性があります。新しいヒートマップ機能では 、3D表示に対応をしているため正確なデータ表示を可能にしました。 *************************************************************************************************** 3.グリッド表示のヒートマップ グリッド表示のヒートマップとは? これまでのヒートマップ機能は時間+フォーカスデータを視覚的に表示することができ魅力的でしたが、直感的ではありませんでした。これにより、データの抽出が少し困難でした。 ヒートマップv2.0では、Microsoft Excelのアプローチから、12 x 7グリッド表示を使用して直感的な表示を実現しています。この表示法はヒートマップをより分かりやすく、シンプルに、意味のあるものにしています。またInstaVR エンタープラズ版では、ヒートマップデータをCSV形式にエクスポートすることができます。 なぜ重要なのですか? データから分析ができないと、ヒートマップは見て楽しむだけで意味がありません。しかしながら、ヒートマップを活用しているクライアントのほとんどは、視聴者の行動、今後のアプリの改善などにヒートマップデータを役立てています。グリッド表示は、わかりやすく意思決定を簡単にします。 *************************************************************************************************** 4.すべての主要VRプラットフォームのヒートマップデータの収集が可能 どのプラットフォームに対応していますか? ヒートマップv2.0は、InstaVRがサポートするすべての主要VRプラットフォームでデータ収集が可能です。ただし、視聴者はWi-Fiまたはモバイルネットワークに接続しVRアプリを視聴している場合に限ります。 なぜ重要なのですか? InstaVRが高く評価されている要因の1つは、主要なVRプラットフォームのほとんどすべて対応をしていることです。この利点に加え、出力するプラッットフォームを限定しないだけではなく、データ分析においても、プラットフォームを限定することなく視聴者の行動データを収集する柔軟性も提供したいと考えています。そのため、この度リリースをいたしました新機能のヒートマップv 2.0では、すべての主要VRヘッドセットおよびウェブでデータ収集・分析を実現できたことを誇りに思っています。

November 24th, 2017|

ネイティブVRアプリがWeb VRよりも優れている理由

ネイティブVRアプリがWeb VRよりも優れている理由 Web VRの品質は向上しています。しかしながら、それでもなおGear VR、Google Daydream、Oculus Rift、HTC ViveなどのネイティブVRアプリが依然として最善の選択肢である理由について紹介します。 私たちはWeb VRを高く評価していています!以前InstaVRではWebVRへのパッケージはPRO版ユーザーのみの機能でしたが、現在は無料版ユーザーを含むすべてに提供をし、とても多くご利用をいただいています。しかし、Web VRは、iOS、Android、Gear VR、Google Daydream、Oculus Rift、HTC ViveのようなネイティブVRアプリを宣伝するのに最適な方法なのです。InstaVRはこれらすべてのプラットフォームへの出力に対応しております。 Web VRは進化していますが、VRアプリと比べると、まだ初期段階です。特にノートパソコンやGoogle Cardboard搭載のスマートフォンでは、VRアプリでの体験には匹敵しません。この記事では一般的な誤解を解消し、なぜWeb VRだけに頼ってはいけないかを伝えたいと思います。 *************************************************************************************************** 動画を利用する場合は、モバイルVRアプリが最適 過去18ヶ月間で、360度の静止画から360度の動画へと劇的な、ある意味想定通りの変化が見られました。これは、360度カメラの機能が改善され、Insta360 Proや新しく発売されたRicoh Thetaなど、4K以上の解像度で撮影できるカメラが市場に出回ったことによる影響が大きいです。 VRの未来は動画にあります。 しかしながら、現在のWeb VRは、静止画像に力を注いでいます。例えば、Web VRのフレームレート(FPS)は、一般に20fps以下です。20fpsがどれくらいかと例をあげると、多くの人は60fps未満の映像では、カクカクした動きや荒い解像度のためVR酔いを引き起こす結果となります。したがって、Web VRの動画視聴者の多くは、 不愉快な経験をすることになります。 360度動画は、Samsung Gear VRのような高性能モバイルヘッドセットや、Oculus RiftやHTC ViveのようなPCに繋がれた高性能VRシステムを使って、利用がされています。もし360度動画を利用して、魅力的なVR体験を作成しようと考えているなら、ぜひ視聴者が楽しんで視聴できる最善の環境を整えてください。 *************************************************************************************************** ネットワーク環境に依存しないモバイルVRアプリ はっきり言ってしまうと、360度VR体験には多くの帯域幅が必要です。モバイルアプリケーションは、通常オリジナルデータをそのまま利用している場合には、サイズが大きくなります。 iOS、Android、Gear VR、Google DaydreamなどのモバイルVRアプリをダウンロードする場合は、Wi-Fiまたは高性能モバイルデータネットワークに接続することがベストです。 しかし、それはWeb VR利用時に限った問題です。ユーザーがどこからVR体験にアクセスするのかは分かりません。3Gネットワークから、あるいは最悪の場合、使用量が制限されたモバイルプランを使っている可能性があります。さらに、モバイルでの接続には問題があります。以前、展示会に出席していた時に、建物の影響でモバイルネットワークにアクセスすることが困難な経験をしました。ネットワーク接続が必要な360度VR体験を見せる必要がある場合、この状況は非常に危険です。 (注:HTML 5の登場で、Web VRをオフラインで実行することが一部可能になりましたが、すべての問題が解消されている訳ではありません) VRアプリケーションをモバイルにダウンロードして、ローカルで実行する方法が ベストです。これにより、バッファリングや、接続の低下、加速度センサーの問題が軽減されます。GearVRを利用してローカルで再生されるネイティブアプリでのVR体験は、これらの潜在的な問題を全て解消します。 (サムスンのスマートフォンの充電だけはお忘れなく!)展示会やセールスミーティングのよう重要度の高いプレゼンテーションでは、ネットワーク環境の良し悪しをモバイル接続の神に委ねることはできません。 *************************************************************************************************** Gear VR、Google Daydream、Oculus Rift、HTC Viveは長時間のVR体験に最適です 研修のためのVR、教育のためのVR、採用のためのVRなど、企業でのVR利用のほとんどは、高性能VRヘッドセットに最適な長時間のVR体験を必要としています。以前導入事例でも、InstaVRを利用して新入社員を育成するためのアプリを作成し活用いただいている様子を紹介しました。これらのアプリのほとんどは、上記のプラットフォーム、特にGear [...]

November 15th, 2017|

観光、旅行、ホスピタリティのための360 度VRアプリの作成方法

観光、旅行、ホスピタリティのための360 度VRアプリの作成方法 概要 1. なぜ360 度VRアプリが効果的なのか? 2. 360度メディアを撮影、作成する方法 3. InstaVRプラットフォームで360 度VRアプリ作成方法 4.観光、旅行、 ホスピタリティのためのアプリ公開方法 5.最後に InstaVR無料体験アカウントにサインアップし、ぜひ潜在顧客にWOW体験を届ける旅行デモアプリケーションを作成してみてください!活用のイメージができたら、InstaVR PRO版へアップグレードし、次は本番用のアプリケーションの作成です! 1.なぜ360 度VRアプリが効果的なのか? 観光、旅行、ホスピタリティ産業は、VRアプリケーションの利用に適しています。バーチャルリアリティを使用する主な目的の1つは、視聴者を離れた場所に瞬時に移動させ、ユニークで没入感のある体験を作り出すことです。より多くの訪問者を獲得しようとする企業にとって、VRアプリケーションよりも優れたマーケティングツールはありません。 InstaVRの顧客であるTUI グループを見てみましょう。TUI グループはInstaVR のプラットフォームを使ってGear VRヘッドセット用の観光アプリを90以上作成しました。これらのVR体験アプリは、旅行目的地を販売するのに役立ちます。TUIグループの作成したVRアプリが非常に成功した理由は次の通りです。1.ヘッドセットを接客カウンターに置いているだけで、顧客とTUIスタッフとの間で自然に会話をスタートできます。 2. VR経験は、言葉で伝えるよりもはるかに鮮明に風景や現地の音を再現し伝えることを容易にします。3. VRアプリは、お客様に初めての体験や視点を与えてくれるので、楽しくとても印象に残ります。4.言葉で伝えることが難しい経験や、専門的な知識を持たない顧客への説明にVRはとても役に立ちます。 次はサンリオピューロランドの事例を見てみましょう。サンリオピューロランドは、InstaVRを使って海外の旅行代理店にハローキティのテーマパークをPRするVRアプリを作成しました。 TUI グループのように、VR体験の没入感と鮮やかさは言語の違いを超えて伝えることができます。また、ハローキティ自身がパークを紹介するツアーは、どんなチラシやウェブサイトよりもはるかに記憶に残るものになりました。 VRアプリ作成手順ステップ1では、360度VRアプリで何を最終目的にしたいかを決めます。TUIグループでは、旅行ツアーを売ることでした。サンリオピューロランドは、海外の旅行代理店にテーマパークに興味を持ってもらい来場者数を増員することでした。360度カメラで映像を撮影する前に、VRアプリの目的を決め、そして360度画像や動画を通してどのように伝えたいかを考えてみてください。伝えたいストーリが決まれば、撮影の開始です! TUIグループでの利用事例 2.360度メディアを撮影、作成する方法 InstaVRを使用してVRアプリケーションをオーサリングする前に、実際に使用するメディアを準備する必要があります。メディアは、360度カメラ画像、360度動画、ホットスポット用の2D画像または動画などがあり、必要であれば音声を追加することもできます。それぞれのメディアを少し詳しく説明します:360度画像 ほとんどの360度カメラはjpgまたはpng形式で画像が保存されます。InstVRではこれらの画像形式をサポートしています。VRアプリで多数の目的地をハイライトし表示する場合は、たとえ動画であっても、ホーム画面として360度画像を使用することができます。カメラから遠く離れたところにあるものほど、アプリではっきりみることは困難なため、カメラの配置については特に慎重に考えて設置してください。 360度動画画像と同様に、ほとんどの360度カメラは、InstaVRで利用可能な、mp4と互換性のあるビデオフォーマットにエクスポートできます。動画の長さは比較的短くすることをお勧めします。1つの長い動画ではなく、InstaVRを使用して複数のシーンを編集し繋げる方がよいでしょう。また、動画を使ったアプリケーション用に360度カメラを選ぶ場合は、4K以上で撮影可能なカメラをお勧めします。 ホットスポット用2D画像・動画ホットスポット機能を使って情報を360度メディアに追加することができます。たとえば、リゾート内の施設をクローズアップしてみることができます。または、フォトショップで作成したテキストファクトを含むpng / jpgイメージを追加することもできます。もしくは、2D動画を追加して360度画像に追加することも可能です。ホットスポットには多くの可能性があります。追加のホットスポットメディアを撮影するには、撮影時に一眼レフカメラ、または高性能なスマートフォンで撮影してください。 追加音声アプリの場合、特に動画の代わりに画像を撮影する場合は、ナレーションや音楽を追加して録音することができます。この機能は、視聴者に追加の情報を提供するため、旅行用のアプリに特に役立ちます。音声形式はmp3でInstaVRにアップロードする必要があります。オーディオナレーションの長さを決めるときには、各シーンを見ている長さを考慮する必要があります。 VRアプリ作成手順ステップ2では、360度の観光、旅行、またはホスピタリティアプリに含めるメディアの撮影について紹介しました。まずは多くの画像や動画を撮影し、アプリ作成のために「最高」なものを選びましょう。ホットスポット用で利用する場合は、2Dの画像と動画であること、ナレーションや音楽の場合はmp3形式での録音を忘れないでください。ホットスポットはVR体験をインタラクティブにし、追加音声は感覚体験を作り出すことに役立ちます。 3.InstaVRプラットフォームで360 度VRアプリ作成方法 InstaVRでVRアプリケーションを作成する操作は簡単なドラッグ&ドロップのプロセスです。ここでは、主にRicoh Thetaで撮影した画像から、InstaVRアプリ作成するための便利なガイドをまとめました。以下では、旅行、観光、ホスピタリティの各アプリケーションに固有の考慮事項に焦点を当てます。・いくつアプリを作成する必要がありますか? どれだけのメディアを含めるかによって異なります。旅行やホスピタリティのためにもっと長く、より完全なアプリを作成したいのであれば、目的地ごとに1つのアプリを作成するのが最善です。たとえば、TUIグループは、宣伝したい旅行について、1つずつそれぞれのアプリケーションを作成しています。例えばユニバーサルスタジオのアプリでは主に静止画を活用し、さまざまなアトラクションを紹介しています。・静止画または動画?もしくは両方? 動画は紹介したい旅行や観光地の風景などに動きがある場合は、特に有効的です。静止画は、ホテル、レストランなど空間を紹介するのに適しています。動画は静止画像よりも多くのデータ容量を必要とするので、動画を使用する場合は、より短時間での凝縮が最適です。・パッシブVR or アクティブVR? ホットスポットを使用するべきでしょうか?視聴者が直接電話できるように行動を促すフレーズはどうですか?多くの場合、皆さん「はい」と答えます。展示会などでは、視聴者がVR体験を見る時間が限られています。その場合にはパッシブ(受動的)VR(ホットスポットやナビゲーションリンクなし)に作成するのが最良です。 VRアプリ作成手順ステップ3はオーサリングです。ユーザーにとって意味のある簡単なナビゲーションで、シンプルで直感的なアプリを実行するのが最善です。 360度パノラマに多くの情報を追加提供したい場合は、ホットスポットの利用が便利です 。また、VR体験の長さには注意してください。 サンリオピューロランドの利用事例 4.観光、旅行、 ホスピタリティのためのアプリ公開方法 作成したアプリを公開するには、ヘッドセットを利用した方法があります。 [...]

November 12th, 2017|

教育現場におけるVR: VRを授業に導入する前に知っておくべき3つのポイント

教育現場におけるVR: VRを授業に導入する前に知っておくべき3つのポイント InstaVRはPilot Cityとの提携により米カリフォルニア州のアラメダ郡の4名の教師たちへ、RICOH Theta VsとInstaVRの使い方を指導しました。教師が新しいテクノロジーを学ぶ以上に、InstaVRは教師たちがVRをどのように見ているのか、そしてどのような疑問を感じているかを知ることができました。 教育の現場は明らかにビジネスの場とは違いがあります。企業は一般的に利益によって推進されますが、教師はニーズ(制限された予算、一度に複数の生徒に教えること、限られた教育時間など)のバランスを考える必要があります。私たちが学んだことは、教師は新技術に非常に興味を持っているということです。特に、学生は特定の職場への就職のためにそれらを習得しなければならない可能性が高いからです。 VRは、現在の高校生や大学生などの多くが学校を卒業する頃までには、巨大な市場になると予想されています。 4名の教師について – 4名教師のそれぞれは、起業家精神/マーケティング、デジタルメディア、ビデオ制作、観光/ホスピタリティを専門に教えています。以前からVRを学生に紹介することに非常に興味を持っていました。しかし、彼らは多くの疑問を抱いていました。そこで、VRをカリキュラムに追加しようとしているすべての教師の皆さんに、このディスカッションで明らかになった最も重要な3つのポイントについて、ここで共有します。 *************************************************************************************************** 1.学生がVR体験を作成するために必要な機器は何ですか? VRの作成は難しいプロセスであるという一般的な考えがあります。実際には、簡易な360度カメラの普及とInstaVRを使うとドラッグ&ドロップの操作のみなので、中学生でさえVR体験を作り出すことができます。以下に簡単に必要な機器を紹介します。 ・360度カメラ:有名なカメラメーカーのほとんどが、360度カメラの販売を行っています。カメラの品質はますます良くなり、価格は低価格になってきています。9月にリリースされた新しいRicoh Theta Vは、4K動画だけでなく、空間オーディオ機能も搭載されています 。ぜひレビューサイトや比較サイトを読んで、さまざまなカメラの機能や特性を確認してください。要望にあったカメラを選択するのに十分な情報が、ほとんどのサイトに掲載されています。 ・PC:InstaVRに360度カメラからファイルップロードするには、ラップトップまたはデスクトップPCが 必要です。Chromebookではデータストレージが許可されていないため、ローカルストレージを搭載したフルノートパソコンを使用することをお勧めします。 ・インターネット接続:InstaVRのWebベースのコンソールを利用するために必要です。 ・InstaVR:無料版ではInstaVRのロゴ透かし入りの簡単なアプリを作ることができます。授業用に実際のVRアプリを作成する準備ができたら、最低1つまたは複数のInstaVR Pro版ライセンスをご購入ください。ライセンスはどのコンピュータからでもアクセスできますが、同時にログインすることはできません。また、10以上のライセンスの購入を検討される場合、アカデミックプランもご準備しております。 ・VRヘッドセット(オプション):VRを視聴するには、VRヘッドセットを購入する方法があります。低価格帯のGoogle Cardboardは千円以下で購入できます。中価格帯では、iOSまたはAndroid用のプラスチック製ヘッドセットを数千円で購入できます。また、ハイエンドでは、Gear VRやHTC Viveヘッドセットなど様々なモデルがあります。 ・三脚/セルフィースティック(オプション):VR画像を撮影するために、360度カメラの多くは、それらを手で持って撮影が可能です。しかし、よりプロフェッショナルな品質を保つためには、三脚などのツールの使用をお勧めします。 ・カメラケース(オプション):360度カメラのほとんどには、持ち運び用のケースが付属しています。しかし使用中は、カメラのレンズやボディは傷や落下などの危険にさらされています。カメラメーカーや周辺機器メーカーの中には、カメラ用のハードケースを販売しているものもあります。もし生徒への貸出しを予定しているのであれば、カメラケースの購入をお勧めします! *************************************************************************************************** 2.生徒たちはどのような種類のVRを作りますか? 教材にVRを追加することに興味を持ち、360度カメラを購入し、生徒たちもInstaVRにサインアップしました。しかし、どんな種類のアプリを作るべきかわかりません。答えは皆さんそれぞれで異なります。 米カリフォルニア州のアラメダ郡の教師たちの答えは、比較的簡単なものでした。 VRはすでに専門家によって特定のコースで教えられていました。例えば、起業家精神/マーケティングコースでは、代理店ビジネスを形成したと想定し、VRの利点を地元企業や組織にどのように伝えるかをシミュレートさせます。生徒は、そのビジネスに提示する概念実証(Proof of Concept)アプリを作成します。 学生へ課題を与えるために重要なことは、VRでの達成目標を与えることです。 「街で新しいビジネスを促進するためのVRアプリを作成する」、「仲間の学生に教科を教えるVRアプリを作成する」、「町に慈善団体を紹介するVRアプリを作成する」などです。 360度メディア体験を作成するよう依頼しただけで、VRでの目標を示さない場合、学習の機会は厳しく制限されています。彼らの創造性を活かすために、方向性を与えることが重要です。 *************************************************************************************************** 3.生徒たちはどのようにVRを共有できますか? 一生懸命VR体験を作成した後には、生徒が教室内や他に人たちとVRアプリを共有したいですね!アプリの配布には多くの方法があります。以下に教室で使用され、人気のある配布方法をいくつか紹介します。 Google Cardboard:非常に費用対効果の高いVRヘッドセットで、耐久性があり、簡単に利用できます。市場で最も人気のあるヘッドセットであるGoogle Cardboardは、複数のクラスで利用するため生徒に配布されています。 Googleでは時折割引のCardboardヘッドセットの販売がされていますが、Amazonで通常でも千円未満で購入することができます。 WebVR:生徒がヘッドセットを持っていなくても、Webを通じて360度メディアを体験できます。 InstaVRによって作成されたVR体験をウェブサイトに直接埋め込むことができます。インターネットに接続しさえすれば、生徒が作成したVR プロジェクトを見ることができます。WebVRはAndroidとiOSの両方のモバイル端末でも動作させることが可能です。 Samsung Gear VR / Google Daydream / [...]

November 4th, 2017|

展示会、会議、イベントのための360度 VRアプリケーションの作成方法

展示会、会議、イベントのための360度 VRアプリケーションの作成方法 概要 1. どうやって始めるの? (360度VR体験で達成したい目標は何ですか?) 2. 360度メディアを撮影、または作成する方法 3. InstaVRプラットフォームでの作成方法 4. 展示会、会議、またはイベント用アプリの公開方法 5. 最後に InstaVR無料体験アカウントにサインアップし、ぜひ開催予定の展示会、会議、イベントのデモアプリケーションを作成してみてください!活用のイメージができたら、InstaVR PRO版へアップグレードし、次は本番用のアプリケーションの作成です 1.どうやって始めるの? (360度VR体験で達成したい目標は何ですか?) InstaVRの最も一般的な使用事例の1つに、展示会、会議、イベントなどの特別な行事でのVRまたは360度アプリの作成があります。この種のイベントに参加して、手渡されたパンフレットの内容を時間が経った今でも覚えている!といった経験はありますか?Gear VRやHTC Viveヘッドセットでみた内容は、パフレットで見た内容に比べて、はるかに簡単に思い出すことができ、記憶は鮮明に残ります! その理由は、VRが感情と理性のレベルに働きかけるからです。それは複数の感覚に関わり合い、インタラクティブに、経験と教育の機会の両方を与えることができます。この効果によりイベントにおけるVRのROIは非常に高いと証明されています。 展示会、会議、イベント用のアプリを作成するための最初のステップは、「出席者にVR体験を通じてどのようなものを感じて欲しいか」、という伝えたい重要なポイントをクリアにすることです。伝えたい点を明確にすることがアプリの構成を決定します。つまり使用するメディア、ストーリーの伝え方、アプリの長さ、配布方法などを決める要素となります。 アプリで会社の魅力について(製品、従業員、オフィスの中など)伝えたいですか?それとも、エンターテインメントとして楽しむ目的ですか?もしくは、研修が目的ですか?どれくらいの人数の方が対象でしょうか? VR視聴の時間はどれくらい取れますか?これらの質問に答えることで、VR作成の作業を知ることができ、どのように広めていくか基礎を固めることができます。 VR体験を見た後、どのように感じて、その体験を広めて欲しいと思いますか? VRアプリをどう作成するかを決定するには、まずはゴールを設定し、そこから逆戻りに作業していくことが、効果的なアプリを作成するコツです! 2.360度メディアを撮影、または作成する方法 360度メディア生成には、カメラを使って撮影する方法とコンピュータで作成する2つの主要な方法があります。実際の現実に基づいてアプリを制作したい場合は、360度カメラを購入またはレンタルするか、もしくは代理店に依頼することができます。完全に仮想の世界を作りたい場合は、Adobe PhotoshopやAutodesk 3ds Max / Mayaなどの一般的なコンピュータグラフィックスソフトウェアプラットフォームを活用する必要があります。 それぞれの方法をもう少し詳しく見てみましょう: ・360度カメラを購入する – カメラの購入には、多くの選択肢があります。 Ricoh Theta、Samsung Gear 360、Nikon KeyMissionなどの人気のローエンドのカメラがあります。あるいは、VuzeやInsta360 Proのように、画像やビデオの画質が良い、中〜高品質なカメラを選ぶことができます。コストはより高くなります。もし本格的なVR制作を検討されている場合は、Nokia Ozoのようなプレミアムレベルのカメラの購入を検討してください。 ・360度カメラをレンタルする – もし超高品質の360度メディアが欲しいが、それが一度限りのイベントに使用される場合、GoPro Omni360のようなカメラ機材をレンタルする方法もあります。画像やビデオの品質は、コンシューマーグレードの360度カメラよりはるかに優れています。VRを長期的に繰り返し使用する予定ではない場合は、購入よりレンタルでの利用の検討をお勧めします。レンタルの場合の注意点は、撮影の時間が制限されていることです。これは、一部の企業にとっては大きな問題になることがあります。 ・アウトソースで代理店に依頼する - InstaVRは、VR制作を主に行う、もしくはVR製作に活動を広げるデジタルプロダクションの専門家を多く顧客に持っています。数年前までは、360度メディアを専門とする企業を探すのはかなり困難だったかもしれません。今では、多くの選択肢があります。もし代理店をお探しの場合は、InstaVRにご連絡ください。 ・コンピュータ生成の360度 / 3Dメディア - [...]

November 4th, 2017|

人事におけるVR:人事部がVRを採用・研修などに活用する方法

人事におけるVR:人事部がVRを採用・研修などに活用する方法 人事(HR)マネージャーは、従業員の生産性とコミュニケーション、特にインパクトのある、導入が容易な技術を常に探しています。バーチャルリアリティ(VR)は、両方の要望を叶えます。大規模な組織やスピードの早いスタートアップ企業では、雇用から研修、従業員のコミュニケーションまで、VRを使って実施しています。 これまで、マーケティング/営業のVR、不動産のVR、BIMのVRなど、さまざまな業界におけるVRの影響を取り上げました。しかし、HRのように幅広く活用される例はどこにもありません。HRには非常に多くの側面があり、VRの効果的な利用によって活力を与え、改善することができます。 以下では、HRでのVR体験の活用のうち、既存事例のうちのいくつかを紹介します。 VRが成熟するにつれて、有効な事例は確実に拡大していきます。しかし、その間にも、あなたがどの会社にいるかにかかわらず、VRを人事管理ワークフローに組み込んで確実に利益を得る方法があることは間違いありません。 *************************************************************************************************** 1. 人事部は採用にVRを導入するべきです 優秀な社員を採用することは、人事部にとって最も重要な職務の一つです。それはどの会社においても最重要課題です。最高の従業員採用することがビジネスを成功に導きます。最高の従業員をあなたの会社に採用できないなら、戦略的にとても不利になります。 現在の経済環境では失業率は比較的低いです。そして、かつて雇用の取り組みが覆されています。わずか10年ほど前までは、MBAの卒業生の多くは、有名なコンサルティング会社やファイナンス会社に勤めたいと思っていました。彼らは、保証されたキャリアパスと高額な給与で「安全な」職業を求めていました。 しかし、世界は変わってきました。テクノロジーと社会によって、Google、Amazon、およびテクノロジーの新興企業は、トップクラスの卒業生に魅力的だと思われています。 全米最大のビジネス誌FORTUNEによれば、ミレニアル世代は柔軟な職場、従来までとは違った学習環境によるキャリア開発、社会的原因と目的意識をはっきりとさせる職場を求めています。 どのように優秀な学生に興味深く魅力的な方法で伝えますか?就職フェアでは、ストレスボールを配ること以外に、どうやってブースに来てもらえますか?ミレニアル世代の人たちは物事に対する経験を欲しているので、どんなタイプの経験が共感され思い出に残るでしょうか? 明らかに、答えはバーチャルリアリティです。 豊田ハイシステム株式会社様の事例:彼らはInstaVRプラットフォームを使用して、就職フェアでHTC Viveを使った会社紹介のVRアプリを作成しました。学生はHTC Viveに夢中になるだけでなく、社内での様子を360度動画を使ってすべて体験することができます。このVRでの没入経験は、就職フェアから帰った後にもずっと経験としての記憶を残すことができます。 InstaVRを使用すると、VR体験を個別に配布するだけでなく、iTunes StoreまたはGoogle Playに公開して世界中のユーザーにアピールできます。 InstaVRのヒント:360度画像や動画にホットスポットオプションを使用し、あなたの会社の魅力や働く価値を訴求することができます。たとえば、スイスのMimacomはInstaVRを使用してホットスポット機能を活用し、会社やオフィスに関する情報を追加し、Google Playでアプリを配信しています 。 *************************************************************************************************** 2. 新入社員のためのVRの活用 新入社員研修へのVR活用の効果は明確です。VRは費用対効果が高く、拡張性があり、地理的な課題を解決します。 VRを使用することで、情報を伝達し、新入社員が自分の仕事に興味を持たせる素晴らしい方法です。また、ストレスの高い非常時の対処や危険な作業の訓練に特に適しています。 米国連邦政府の一部門と連携しているある企業は、InstaVRを導入しています。全米各所に複数の地方事務所があるため、20分以上にわたるVRのトレーニングアプリを地方事務所各所に配布し、有効的に研修を実施しています。従業員は、VRトレーニングを通して、現場での体験をまずVR空間で味わうことができます。これにより、現場へ配属された時には、すでにVR体験が経験として記憶に残っているため、とてもスムーズに実際の作業に入ることができます。 InstaVRの新機能である遠隔 VR 同時視聴および案内機能は、研修にとても有効な機能です。 VRを使ってリアルタイムのトレーニングを行うことができ、作成されたVRアプリでは前例のないレベルのインタラクティビティを組み込むことができます。 InstaVRヒント:入社する従業員に合わせて、適切なVRアプリの配布方法を選んでください。 100人または1000人の新入社員を同時に採用した場合には、iOSまたはAndroidアプリを作成し、従業員にVRを表示する簡易VRゴーグルのGoogleカードボードの提供をお勧めします。もし一度に100人以下の従業員の入社を実施する場合は、VR研修機材はGear VRまたはGoogle Daydreamヘッドセットへのアップグレードは価値があるかもしれません。必要に応じて、遠隔 VR 同時視聴および案内機能が有効に活用できることも覚えていてください 。 *************************************************************************************************** 3. 従業員教育とコミュニケーションのためのVRの活用 はっきりと言ってしまうと、電子メールは従業員とのコミュニケーションツールとしてはもはや理想的な方法ではありません。効率的でシンプルですが、その他多くの メールの海の中で見失われていまします。 残念ながら、ダイナミックでも記憶に残るツールでもありません。 動画はそれに比べると少し効果があります。ただし、動画の視聴は受け身なため、見ている人の集中力を継続させるという課題が残ります。 VRは没入感があり、インタラクティブで、記憶に残るツールです。見ている人の注目を100%、ヘッドセットに表示されているVR画像や動画の世界に引き込みます。それはゲームのような感覚でとても楽しいため、集中して見ることができます。従業員のコミュニケーションやイベントでのツールとして、VRよりもインパクトのある方法がありますでしょうか? InstaVRヒント:効果を最大限にするには、VRアプリをインタラクティブにする必要があります。画像の場合、ホットスポット機能を使い情報を追加したり、ユーザーが次にどちらのシーンを選ぶが選択肢を与えることも可能です。動画では、ユーザーが見ている場所を案内するナレーション付きの動画の追加ができます。 *************************************************************************************************** 結論 人事部は、採用、研修、コミュニケーションなど、従業員のさまざまな側面を担当しています。バーチャルリアリティは、人事部に、これらすべての分野を改善するための新しい効果的な方法を提供します。 VR/360度メディアの最大の利点は、導入までに非常に長い時間、または投資を必要としないことです。導入に必要なものは36度カメラ、PC、インターネット接続、InstaVR PRO版アカウントだけです。最も重要なことは、創造力を駆使しVRがどのようにニーズを満たしているかを把握しすることです。 就職フェアでもっと多くの人たちを御社のブースに集め、御社のイメージを記憶に残る体験で伝えたいとお考えではないですか?ぜひInstaVRを活用ください。同時に複数のオフィスに新入社員を同席させ、企業のトレーナーが現地にそれぞれ訪問するよりも、時間とコストを削減できる良い方法をお探しはないですか? ぜひInstaVRを活用ください。毎月の全体ミーティングであなたの会社新製品を発表するためにカッコいい方法をお探しですか? [...]

October 28th, 2017|

ブランドにおけるVR体験:ブランドが消費者獲得にVRを活用する理由

ブランドにおけるVR体験:ブランドが消費者獲得にVRを活用する理由 ブランドにおけるVR体験は2017年に大きく勢い増しました。VRの導入は、競争力の激しいマーケティングの場で注目を集め、企業はユニークで記憶に残る方法で、ファンや消費者とつながる方法を提供します。 しかし、ブランドでのVR経験は何でしょう?また、VR技術を最大限に活用するにはどうするのでしょう? 2018年に企業がVRでいかにメリットを出すかについて、多くの議論がされてきましたが、研修場面でのVRの活用など、ROIの効果が明らかな事例が多く上がってきたことにより、企業においてのVR活用効果は徐々に証明されつつあります。しかしながら、ブランドにおけるVRの導入効果についてはどうでしょう。もちろんブランドにとっても、VRを採用することで大きなメリットが証明されています。昨年AR/VRのグローバルリーダーであるGreenlight VRが発表した調査の結果では、回答者うち71%がVRを導入するは、ブランドをより最新の進んだイメージにさせると報告されています。目に見えるメリットとしては、消費者にVR体験させることでブランドを認知させ、記憶に残すことでブランドの製品について興味を持たせることができます。 1000のテレビチャンネルと無限のウェブサイトを持つ世界では、今までのテレビ広告やウェブバナー広告が簡単に無視されます。広告ポストにはあまり注意が払われないため、Twitterの株価が一部で暴落していることを知りました。しかし、イギリスの大手新聞であるGuardian UKがある週末に読者へ10万個のGoogle Cardboardsのプレゼントの発表をしたとき、読者は見逃すことなく注目しました。近頃ではほとんどの展示会でVR体験コーナーをするためのブースが準備されており、多くの人たちがVR体験をするために集まっています。 しかし、ブランドのVR体験を効果的にするのは何でしょう?まず何より、臨場感のある360度の画像で体験を配信する必要があります。従来の解像度の低い2DのYouTube動画での配信は、体験を与えることができないため、ブランド力を上げることができません。VR経験は魅力的で、かつ、インタラクティブに情報やストーリーを伝えることができるため、ユーザーの記憶に残ります。 以下でブランドにおける、VR体験の重要ポイントを次に紹介します。 *************************************************************************************************** ブランドにおけるVRは、「VR」である理由がなければならない はい、既にVRを使用するだけで、ブランドに技術的に進んだイメージ与えることができることは既に述べました。しかし、VR体験の作成に失敗すると逆効果です。3D映画を思い浮かべてください。アバターが最初に発表された時、映画界に新たな時代がやってきたと大きく賞賛されました。そして、アバターは技術を駆使して3Dの世界に見ている人たちを釘付けにしました。しかし、その後の3D映画の多くは、3Dで成功することができず、興行収入を失いました。中には、映画制作後に3D効果が施されただけのものもありました。もし技術を偽り、過大広告をしても、消費者にはバレてしまいます。 なぜVRで行う必要があるかという理由ついては、TUIグループの成功事例がとてもいい例です。TUIグループのディスティネーションサービスチームは、言葉で表現するのが難しい旅行目的地へのチケット販売を、VR体験を通じて実施することで価値を簡単に伝えることができました。 顧客は購入前に旅先での楽しみを十分に確認することができ、結果として顧客満足を得ることができました。VRは言葉をはるかに超え、伝える力を持っています。もし魅力的なVRを作成すれば、世界的な賞賛を得ることでしょう。 チェックアウト:レッドブルは常に最先端の場所で、最高のイベントを開催しています。もし現地に行くお金があれば、一度は参加してみたいと思っている人も多くいるはずです。レッドブルのVRチームは、ハイエンドのカメラを使ってイベントを撮影し、現地で参加することができない人にVRでイベントの内容を配信しています。レッドブルのVR体験はこちらから。 *************************************************************************************************** ブランドにおけるVR体験は魅力的でなければならない 顧客がVRアプリケーションのダウンロードやヘッドセットを使ってVR体験をするようになると、次は顧客の注意を引き続ける必要があります。決して「退屈」だと思われてはいけません。そのため、魅力的で思い出深いVR体験を作成することが重要です。顧客が見たい場所を見ることができ、新しいシーンへ移動できるVR体験は、ただ見るVRに比べて遥かに効果があります。 重要なポイントの1つは、InstaVRのホットスポットの機能を利用することです。ホットスポットがどのようにVRをインタラクティブにし、顧客により思い出深い体験を与えているかについては、こちらでも紹介しています。顧客がズームしてもっと近くで製品を見たい場合や、製品がどのように作られたか経緯を知りたい場合は、ホットスポットに2D画像や動画で360度の世界をよりインタラクティブに表現してください。ブランドについて語るだけではなく、VR体験でインタラクティブに伝えることにより、経験が消費者の記憶に残りブランドを印象付ける大きなチャンスを与えます。 チェックアウト:Burt's Beesは、業界ではトップではありません。そして、亡き創業者バート・シャビッツ氏の家のVRツアーの作成は必ずしも必要ではありませんでした。結果として、バート・シャビッツ氏が長い時間を過ごした家のVRアプリを製作することで、彼の自由な生き方を伝えることができました。このVRツアーにより詳しい情報や、面白い要素を追加しているがホットスポット機能です。 *************************************************************************************************** ブランド化されたVRの経験は"ブランド" VRのストーリーテリングでは、物語の多くが作られています。VRアプリの作成をするには、計画を立てないで進めると期待する良い効果を得ることができません。なのでブランドのVR体験を作成する前には、十分にブランドとVRアプリのストーリーを繋げる必要があります。 例えば、この夏の全米で最も高い興行収入をあげた、スティーブン・キングの「IT」は、VRに非常に適しているようです。よって、ワーナー・ブラザーズが「IT Floats」と名付けられた、この映画のVR体験を発表したのは驚くことではありません。すでに映画を観られたことがあれば、物語は街の下水道を中心に描かれていることをご存知だと思います。この短編VR体験は、360度映像の中に差し迫った危機が随所に散りばめられており、映画同様非常に怖いです。この短編VR体験を見ると、映画館でもっと観たいと興味をひかれます。VR体験の目標は、恐怖映画に興奮させ、「IT」を印象付けるためです。ブランドにふさわしい物語の体験を作り上げることによって達成されます。 チェックアウト:NBAのゴールデンステートウォリアーズ(テキサス州シリコンバレー に最も近いチーム)は、新人王の受賞やリーグ史上最年少での得点王に輝いたケビン・デュラントを2016のシーズン前にチームに勧誘する際に、バーチャルリアリティを使用していた。彼らはゴールデンゲートブリッジ、メインコーチのスティーブ・カーがロッカールームで選手を鼓舞する様子を撮影をし、ドレイクの歌「Big Rings」のサウンドトラックにのせアプリを作成した。そしてケビン・デュラントがウォリアーズに送ったものは何でしょう?チャンピオンシップリング。これは、チーム、ブランド、VRの素晴らしいシナジー効果です! *************************************************************************************************** 結論 ブランドVRは、消費者の目に知覚的な効果をもたらします。 しかし、それは実際の販売につながる記憶に残る、魅力的な体験を与えるために活用されています。 ブランドVRは未来のものではありません...今すでに利用されています! この分野はやがて誰もが注目することになるため、先進の企業やマーケティングエージェンシーは、すでにブランドのVR体験を作成し、配布しています。 InstaVRはこのプロセスを簡単にします。 マーケティング担当者はエンジニアやVRの専門家と関わる必要はありません。 カメラ、物語、そしてファンによって評価される何かを作りたいという想いが重要です。 VRを手軽に作成する手段がある はあるので、作成してくだい! 待っているだけでは、他の企業が独自の魅力的なVR体験を使ってマーケティング戦略に成功を見ているとだけになりますよ。 今すぐInstaVR無料アカウントに登録し、ブランドのVR体験アプリを作成することができます!

October 28th, 2017|

大手旅行代理店 TUIグループが教える予約獲得のためのVRの活用術

大手旅行代理店 TUIグループが教える!予約獲得のためのVRの活用術 InstaVRのインタビュー:VR実践者に聞く InstaVR のインタビューはブログシリーズで、お客様の注目を集めています。 なぜVRを作成するのか、InstaVRをどのように使用するのか、VRの未来はどのように見えるのかを調べます。 その他の事例は、InstaVRのホームページをご覧ください。 TUI グループ イノベーションラボ マネージャー Chris Carmichael氏 TUIグループは、ドイツ・ハノーファーに本社を置く大手旅行代理店で、全世界で、1600の旅行会社、6つの航空会社(150機)、300のホテル(214,000のベッド)、16のクルーズライナーを含む、旅行業界のほぼすべての部門をカバーしています。 TUI グループの6万7000人の従業員は、合計180カ国で2,000万人以上の顧客にサービスを提供しています。 Chris Carmichael氏は、スペインのパルマ・デ・マヨルカにあるTUI ディスティネーションサービス部門でイノベーションラボ マネージャーしています。 彼の組織は、全体的なビジネスと顧客体験を向上させるために技術を活用することが任されています。Chris氏は InstaVRを利用しGear VR用に90以上のアプリを作成し、世界中の各地に配布しました。 Chris氏から、どのようにVRに魅了されたのか、なぜInstaVRを選んだのか、VRが旅行業界の予約におよぼした具体的な影響についてお話いただきました。 Chris Carmichael氏とTUIグループの皆様に感謝します! TUIのイノベーションラボチームでは、常に新しいアイデアやコンセプトを、学び、試しています! 質問:TUIグループで何をされているか教えてください。 Chris氏:私はディスティネーションサービス部門で働いています。ディスティネーションサービス部門では、休暇中の目的地で起こるすべてを担当しています。 例えば、お客様が空港に到着すると、空港でお出迎えし、乗り換えやホテルへの到着へのお手伝いをします。時にはスポーツイベントを実施したり、託児所のようなものも実施したりします。お客様を無事に空港に送り届け、帰路についていただくまで、私たちはお客様を笑顔にするためにサポートします。 私の役割はイノベーションラボで、新しいアイデアやコンセプトを学び、試すことです。 私たちは、ビジネスチャンスがどこにあるのかを迅速かつ安価に、そして簡単に見つけ出します。 新たなビジネスチャンスを見つけると、開拓し新しい分野に進出することでビジネスを推進します。 Samsung Gear VRの発売が、安定的した高品質な、再利用可能な試験環境を実現 質問:どのようにしてVRに興味を持ちましたか? Chris氏:まず始まりはGoogleがCardboardを発表したときでした。 いくつかのCardboardsを手に入れ、Androidの携帯電話でサンプルコンテンツを見ました。 すぐに考えついたのは、これを使って団体旅行を売ることでした。 Cardboardは ホテルに展開するのには十分ではありませんでした。 その後、継続してVR 市場に注目をしていたところに、SamsungのGear VRが登場しました。 Gear VRの発売が安定した、高品質の、かつ再利用が可能な試験環境を実現させした。 次に私は、お客様が最高の団体旅行を選んで、購入するのを助けるためのコンテンツを作成する方法を見つけなければなりませんでした。 私たちは、デジタル一眼レフカメラでたくさんの写真を撮り、スティッチング処理をして360度の写真を作成しました。 Ricoh Thetaが発売されたときも、非常に早い段階で動画を撮影しテストをしました。 TUIは3度の試験を実施し、旅行販売においてVRヘッドセットと360度写真に投資するに値する確固たる価値があると判断した 質問:VRがTUIグループにとって価値のあるものであると、どのようにわかりましたか? Chris氏:まずあるホテル行って、ゲストにVRでの旅行を体験してもらい、感想を聞きました。反応はとてもよく、ホテルで働く人たちはとても気に入っていました。 そして、それは売上にも影響を与えたように見えました。 私たちは2回目の試験を行いました。2度目はさらにヘッドセットをいくつか追加しました。 [...]

October 19th, 2017|

研究者のためのVR:研究にバーチャルリアリティを使用するためのヒント

研究者のためのVR:研究にバーチャルリアリティを使用するためのヒント バーチャルリアリティ(VR)と360°メディアは、研究者によって広く使われています。 彼らは社会のVRの影響を探求したいだけでなく、それぞれの分野の技術を活用して真相を得たいと考えています。 以下では、研究のためのVRを使用する際のヒントとテクニックを紹介します。 VRとARが社会に普及するにつれて、それが研究のためにどのように利用されるのかについての自然な傾向があります。 ユーザーを没入型環境に置くことによって可能性は非常に高く、この技術によってもたらされるコスト削減は重要です。 研究者は、大学、コンサルティング会社、民間企業で、幅広いユースケースにわたってこの技術がどれほど有効であるかを検討しています。 研究者は、全体的および特定の業界の両方の技術の影響を調べるので、フィードバックを得るために技術の機能を最大限に活用することが重要です。 バーチャルリアリティの即時性と没入感は従来の2Dメディアよりはるかに優れています。また、VR体験後、被験者へ質問をすることはとても有益です。 実際のデータポイントをアプリ内で収集して、より正式なデータを得ることができます。 VRアプリケーションの作成中に無視されているかもしれない、研究者にとって最も重要な3つの InstaVRの機能をみていきましょう。 ユーザーの視点を可視化するヒートマップ機能 ヒートマップについては、以前もブログで紹介いたしました。 マーケティング担当者やレスポンスを重視するVR制作者が最も多く質問している機能の1つです。クイックサマリーを提供するため、ヒートマップは時間の経過とともにVR体験の中心的な焦点に集められた大量のデータポイントを取ります。集められたデータはヘッドセットをつけていたときに、一定の間隔で視聴者がどこを見ていたかを視覚的に表現するために360°画像自体にマップされます。 VRを通じてヒートマップを使用した結果の一部はかなり普遍的です。 たとえば、あなたの360°動画に人がいる場合、視聴者は周囲よりも人々に注意を払う可能性が高くなります。 また360°画像の視聴者の大多数は、360°の完全な視野を持っているにもかかわらず、最初に提示された180°に焦点を当てていました。特に目の前にある90°に注目していました。 さらに、ヒートマップから非常に興味深いデータを推定することができます。特に、CSVデータのエクスポート機能を使用すると解析が簡単です。ある研究者がInstaVRを使用してさまざまなVR禁煙体験を作成し 、CSVにエクスポートしたヒートマップデータを利用して360°画像のどの部分が 最も注目されたかを知りました。 注目された視点は、VR体験の成功を示しました。 これは、データ志向型VR制作者が効果的なVRメディアを作成できるようにするデータのタイプです。 ホットスポットによるユーザーインタラクションの作成 VRの研究を行う上で重要なことは、体験をインタラクティブにすることです。 ホットスポットは、具体的には、VRアプリケーションを受け身から能動的に移行させます。 それらは、より多くの意思決定と情報交換を可能にするために、ユーザが臨場感あふれる環境に従事する必要があります。 注視またはハンドコントローラを使用してホットスポットへアクセスすると、静止画(jpg / png)、動画(mp4)、またはテキスト(jpg / png形式で保存されます)が表示されます。 では、どのようにホットスポットを研究に使用するのでしょうか? 非常に基本的な例から始めましょう。 後でユーザーをテストできる情報を伝えるホットスポットを使うことができます。 たとえば、店内の靴をVRビューアで見て、その靴がどのように作成されたかホットスポットビデオを介して知ることができます。 VR体験の終わりに、靴がどのように作られたかを被験者に尋ねることができます。 コンピュータ上で同じ標準の2Dビデオを見るだけでなく、仮想環境での記憶のリコールが高い場合は、ヘッドセットでVRを体験すると情報の呼び起こしが増えると結論づけられます。 (そして外挿により、VRは従来のメディアよりも情報伝達の良い手段です)。 ホットスポットの使用例は非常に多くあります。 360°画像や動画を作成するために急いで、あまりにも多くのクライアントがホットスポットを追加してアプリをインタラクティブにすることを怠っています。 特に研究目的のために、ホットスポットの価値を過小評価しないでください。 ユーザー行動データを追跡するための分析 ヒートマップがユーザーの注目を集めている場所を示すのと同じように、アナリティクスはユーザー利用した360°環境の機能を示します。 これには、双方向性の2つの主要機能であるナビゲーションリンクとホットスポットの両方が含まれます。 InstaVR Analyticsの素晴らしい点は、大規模なユーザーグループに対して匿名でユーザーの行動を集約できることです。 これは製品リサーチのようなものには最適です。 VRでは2つのアイテムを提示することができます - 店舗の通路にあるシリアル - そして魅力的なパッケージのアイテムを凝視するようにユーザーに頼みましょう。 360没入型環境は現実の世界をシミュレートし、集計された回答を記録して消費者の注目を集めるために、より魅力的なパッケージであるかどうかを確認できます。 テスト対象が実際にその場所を訪問しなくても、できるだけ近くで購入環境をシミュレートすることができます。 結論 [...]

October 5th, 2017|