/Pressroom

ドイツの世界最大手旅行代理店TUIグループが、 日本発のVRソリューション「InstaVR」を導入  VR旅行体験を店頭接客で活用し、 旅行成約数および客単価向上を実現

ドイツの世界最大手旅行代理店TUIグループが、日本発のVRソリューション「InstaVR」を導入 VR旅行体験を店頭接客で活用し、旅行成約数および客単価向上を実現 VR旅行体験アプリで来店客との円滑なコミュニケーションを可能に 2017年10月26日、InstaVR株式会社(代表取締役 芳賀 洋行、本社:東京都中央区、以下「InstaVR」)は、グローバルに展開する大手旅行代理店TUIグループがInstaVRを導入し、VR体験を利用した旅行販売を開始したことをお知らせいたします。ドイツ・ハノーファーに本社を置く大手旅行代理店のTUIグループは、年商2.6兆円、全世界で1,600の旅行会社、6つの航空会社(150機)、300のホテル(214,000のベッド)、16のクルーズライナーを含む、旅行業界のほぼすべての部門をカバーしています。TUIグループの6万7000人の従業員は、合計180カ国で2,000万人以上の顧客にサービスを提供しています。 TUIグループは、段ボール製の安価なモバイルVRヘッドセットGoogle Cardboardの発売をきっかけに、積極的に旅行販売へのVR導入を検討し、あらゆるテストを行ってきました。しかしながらGoogle Cardboardの没入品質はTUIでのVR展開を行うには不十分だったことが課題になっていました。モバイルでも没入感の高い高品質VRを提供できるSamsung GearVRが発売され、さらに、GearVRへのワンクリック配信が可能なInstaVRを採用したことで、TUIグループはついにVR体験を通じた旅行販売を実現することができました。 VR体験は、これまで言葉では伝えることが難しかった目的地のお勧めスポットや、劇場の高額な座席のチケット販売に、特に大きな成果をあげています。旅行アプリを作成することの最大の効果は、顧客にVR体験してもらうことで、言葉では伝わらない感動を一瞬で伝えることができ、そのあとの会話も弾み、契約スピードの短縮および成約率をアップすることができたことです。TUIグループでは、何年も売上高が変わらなかったホテルで、VR運用を実施し説得力のある結果を出しています。 TUIグループ、ディスティネーションサービス部門でイノベーションラボ マネージャーしているChris Carmichael氏は、次のように語っています。「私たちは完璧な技術的ソリューションを探している中で、InstaVRに出会いました。InstaVRが私たちの想いを全て叶えてくれました!VRアプリをひとつ作成するのに、たった1時間で全て完了できます。すでにTUIグループでは、90以上のVRアプリを作成しています」。Chris氏はさらにこうコメントしています。「いままで旅行に興味の無かった顧客も、GearVRを接客カウンターに置くだけで興味を持ってくれます。VRが会話のきっかけになり、自然に旅行案内を開始することができるようにもなりました。」 InstaVRはGearVRやDaydreamなどのハイエンドモバイルへの出力に対応しています。ハイエンドモバイルを利用すると高度なジャイロ機能により初めてVRを体験される方でも酔うことがないため、VR適性により利用者が限定されることがありません。また、ハイエンドモバイルVRを使うと高精細な360度画像、動画を使って容易に魅力的な視聴体験を提供でき、VR適性による対象者の限定することなく没入感を楽しんでいただくことができます。ハイエンドモバイルVRは、モバイルなので設置コストが不要、またケーブルでの接続がないので、場所を選ぶことなく自由にVRを味わうことができるのが大きな特徴で、デスクトップVRと比べると圧倒的に安価での導入が可能です。 InstaVRが先日新たに発表した、「遠隔VR接客機能、同時視聴・案内機能」を合わせて活用することで、同時に複数の人にVR体験を提供することができ、大型の説明会やイベントなど幅広いシーンでの利用が可能なため、高い費用対効果が期待できます。

October 26th, 2017|

InstaVR が遠隔 VR 接客を可能とする遠隔 VR 同時視聴および案内機能を実現

InstaVR が遠隔 VR 接客を可能とする遠隔 VR 同時視聴および案内機能を Google Cardboard(iOS / Android)、Gear VR、Oculus Go、Google Daydream、HTC Vive、Oculus Rift、ウェブを含む主要 VR プラットフォームで実現。 VR 体験者の視界を、遠隔地のオペレータが同時に閲覧し、案内を行なう遠隔 VR 接客が可能に。 2017 年 10 月 17 日、InstaVR 株式会社(代表取締役 芳賀 洋行、本社:東京都中央区、以下「InstaVR」)は、VR 体験者の視界を、遠隔地のオペレータが同時に閲覧し、視界誘導と説明で遠隔接客をリアルタイムに行える遠隔VR 接客機能の提供を開始したことをお知らせ致します。この新機能により、InstaVR 導入企業は、VR 体験を複数の人へ同時視聴すること可能にし、また離れた場所であっても、リアルタイムでの接客と案内を可能にします。 これまで、InstaVR 導入企業が、ヘッドセットを使って VR 体験をしている体験者の視界を共有するには、 HTC Vive や Oculus Rift などのハイエンド VR ヘッドセット利用しデスクトップモニターに体験者の視界を表示する必要がありました。そのため、体験者と体験者の視界を共有される方が物理的に同じ部屋にいる必要がありました。 遠隔 VR 同時視聴および案内機能により、InstaVR 導入企業は離れた場所から VR 体験者の視界の同時視聴が可能になるばかりでなく、企業のオペレータが、InstaVR のウェブダッシュボードを通じて、体験者の VR 体験をリアルタイムに更新することもできます。 この遠隔 [...]

October 17th, 2017|

InstaVRがスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット「Oculus Go」への出力に対応

InstaVRがスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット 「Oculus Go」への出力に対応 高品質VR体験の作成・配信・分析を今すぐ業務に組み込める 「InstaVR」 2017年 10月12日、InstaVR株式会社(代表取締役 芳賀 洋行、本社:東京都中央区、以下「InstaVR」)は、InstaVRがフェイスブック社発表のスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット 「Oculus Go」への出力に対応したことをお知らせ致します。 Oculusは米国サンノゼで現地時間2017年10月11日(日本時間2017年10月12日) に開発者会議Oculus Connect 4イベントを開催し、フェイスブック社のCEO、マーク・ザッカーバーグがスマートフォンやPC不要で単体で動作するモバイルVRヘッドセット、「Oculus Go」を発表致しました。「Oculus Go」の価格は199米ドル(約2万2000円)からで、2018年初旬にも出荷が開始する予定と発表されています。 InstaVRはこのスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット「Oculus Go」へのVRアプリ出力に対応致しました。InstaVRのユーザーはこれまでにInstaVRで作成したVR体験をワンクリックで「Oculus Go」に出力し、「Oculus Go」をお持ちのユーザーに VR体験を届けることができます。「Oculus Go」ユーザーは注視点 もしくは、付属コントローラーでInstaVRから出力したVR体験を操作することができます。 これまで高品質なVR体験を行なうにはVRヘッドセットの他に高性能のスマートフォン、もしくは高性能のPCを購入する必要がありました。 今回新たにスマホ/PC不要で2万円台という低価格の単体VRヘッドセット「Oculus Go」への出力にInstaVRが対応したことで、より幅広い顧客へのVR体験の提供を行なうことができます。 図1) InstaVRから「Oculus Go」への出力画面。ワンクリックで「Oculus Go」対応VRアプリが作成できる。 図2) スマホ/PC不要で単体で動作するモバイルVRヘッドセット「Oculus Go」。画像提供 Oculus InstaVRは今後も積極的に新規VRプラットフォームの対応を行い、より多くのVRプラットフォームでの 様々な用途へのVR配信に対応してまいります。

October 12th, 2017|

InstaVR, HTC Vive出力に対応し最高品質・大容量の360度動画VRの長時間連続提供を実現

InstaVR, HTC Vive出力に対応し 最高品質・大容量の360度動画VRの長時間連続提供を実現 -会社案内、社員研修、専門技術者のトレーニングへのVR導入を加速- 豊田ハイシステム株式会社のVR事業所紹介コンテンツInstaVR上のオーサリング画面。360 VR動画をブラウザ上で滑らかに再生させながら直感的に編集、ワンクリックでHTC Viveに出力できる。 2017年2月22日、InstaVR株式会社(代表取締役 芳賀 洋行、本社:東京都中央区、以下「InstaVR」)は、InstaVRが運営するウェブベースVRアプリオーサリングツール「InstaVR」から ワンクリックでHTC Viveへ出力する機能の提供を開始したことをお知らせ致します。InstaVRは本機能の提供により最高品質・大容量のVR体験の長時間連続再生を実現致しました。 これまでInstaVRが出力をサポートしていた Android, iOS, Gear VRなどのモバイル端末を利用したVR体験では、モバイル端末の性能によっては高品質動画を再生できない、高画質動画を再生できてもOSの仕様で4ギガバイト以上のアプリ化が行えないため15分以上の高画質360度VR動画を同梱できない(36Mbps時)、電池消費が激しいため連続再生時には常に有線での給電が必要という問題がありました。 会社案内や社員研修、専門技術者トレーニングなどのVRコンテンツの場合、総ファイル容量が9ギガバイトに到達する25分を超える長時間の高画質360度VR動画を連続再生することが必要になるため、モバイルVRの品質や容量制限、再生時の電池消費問題は、VRの実利用の障害となっていました。 InstaVRはHTC Viveへの出力サポート、および、 4Gを超える動画をGearVRアプリ外に配置する新技術を開発することで、上記の問題を解決し、25分を超える超高画質360度VR動画のインタラクティブな再生環境をお客様に提供することを実現致しました。HTC Viveは有線接続されるため、充電切れを考える事なく長時間連続でVR体験を行なうことができます。 InstaVRは長時間の高画質360度VR動画を連続して再生することが必要になる、企業の社内案内や社員研修、専門技術者のトレーニングにおける「InstaVR」の導入をより加速して参ります。 InstaVRのHTC Vive出力機能をいち早くVR事務所紹介に導入された豊田ハイシステム株式会社(愛知県刈谷市、株式会社豊田自動織機100%出資)ソリューション営業部の大沢岳人(おおさわ たけと)様からは以下のようなコメントを頂いております。 「新卒採用時に学生が事務所を見学した体験ができる『事務所見学』を、InstaVRを利用しGearVR向けに制作しましたが、HTC Viveに対応したことで、より高画質で長時間の視聴が可能となり、体験の幅を広げることができました。」 豊田ハイシステム株式会社 ソリューション営業部 大沢 岳人 様 InstaVRは今後も積極的に新規VRプラットフォームの対応を行い、より多くのVRプラットフォームでの 様々な用途へのVR配信に対応してまいります。

February 22nd, 2017|