パリコレ・ハイファッションブランド「プロエンザ・スクーラー(Proenza Schouler)」2018年春夏ファッションショーへのInstaVR導入をORDREが決めたのは何故か?

InstaVRのインタビュー:VR実践者に聞く

InstaVR のインタビューはブログシリーズで、お客様の注目を集めています。 なぜVRを作成するのか、InstaVRをどのように使用するのか、VRの未来はどのように見えるのかを調べます。 その他の事例は、InstaVRのホームページをご覧ください。

ダン・ナイト氏(ORDRE、CTO)

ORDREは、既製品ファッション業界向けのグローバルオンライン卸売プラットフォームです。彼らはデザイナーポートフォリオのシーズンコレクションをオンラインショールームに提示し、洗練されたテクノロジーを通じて小売ネットワークバイヤーに提供し、 オーダーと管理ができます。 ORDREは、ラグジュアリーラインのバイヤーにオンラインを利用することで、効率化とグローバルな同時接続を実現することで 革命をもたらします。

ダン・ナイト氏は、ロンドンオフィスに本社を置くORDREの最高技術責任者(CTO)です。 彼はプラットフォームのすべての技術的側面を監督し、バイヤーは優れた購買経験を体験ことができます。

ナイト氏はVRに多額の投資をしている理由、VRアプリケーションを構築し始めた経緯、InstaVRがどのようにVRの目標達成を促進する役立つかについて、お話いただきました。 ダン・ナイト氏とORDREに感謝します!

ORDREは2015年にオンラインファッションショールームを立ち上げ、オーストラリアや日本を含む世界中のバイヤーに360°画像でコレクション提供

質問:ORDERついて教えてください。

ダン・ナイト氏:私は約6ヶ月前に同社に入社しました。 ORDERは2015年中頃、オーストラリアのファッションウィークの創始者であるサイモン・ロックによって設立されました。 彼は長い間ファッションに携わってきました。彼の会社を設立した理由は、バイヤーが旅行することができないことや、デザイナーが新しいコレクションを完成するまで頻繁に変更を加えることなど、ファッション業界で多くの変化が見られたことです。多くの人々がテクノロジーを使ってファッション業界を変えたいと考えていたので、ラグジュアリーオンラインショールームであるORDREのアイデアを思いつきました。

中核となるのは、デザイナーと仕事をし、360°カメラですべてのコレクションを撮影し、360°の動画でショーを撮影することです。 私たちは、オンラインショールームで、世界中のバイヤーが現地に来て、コレクションを見て、購入することを可能にします。 ショールームに行く必要はなく、オンラインですべて完結ことができます。

私たちには2つの主な目標があります:1.バイヤー、特にオーストラリアや日本のような国では、年に数回パリに旅行するのが高価になるため、旅行の代わりにオンラインショールームを使うことができます。 コストを節約し、時間を節約し、環境保護など多くの理由があります。 2.現地で参加するバイヤーにとっても、コレクションを撮影しているため、ショールームで長い時間を費やす必要がなくなります。

ORDREはバイヤーを複数のバーチャルファッションショーに招待し、時間と経費を節約し、その上最前列での視聴を提供します

質問:VRをオンラインファッションの購入プロセスにどのように組み込んでいますか?

ダン・ナイト氏:デザイナーは、ショーやプレゼンテーションを行うのに多くのお金を費やしています。 最も安いショーでも、通常£20,000または£30,000の費用がかかるでしょう。 最も高価なショーでは 、生産するために50万ポンドを超える費用がかかります。 ここ数ヶ月のうちに始まったことの1つは、ショーに行き、最前列に座って、360°カメラを使ってショーを撮影することです。 これにより、バイヤーは遠隔地で見ることができます。他の国にいてまたは、別のショーへ参加しているなどの理由でショー参加できなかった場合にも、視聴することができます。 私たちは今、ファッションショーの最前列にあるVR体験を非常にエキサイティングなものにしています。

私たちの写真は、すべて360°になっています。目標は、バイヤーが製品を見たり、長い時間を過ごしたり、高精細で体験できるようにすることです。 ビジネスの始めから、我々はあらゆる角度からファッション製品を撮影し、製品のスピンを行いました。 これにより、購入者は表と裏だけでなく、あらゆる角度から見ることができます。 最近、私たちは360°動画も導入しました。 静止画はズームインに最適です。ファブリックを見て、あらゆる角度から見ることができます。 しかし、ドレスの動きやドレープを表現するにはビデオが必要です。 以前2D動画を作成しまししたが、今はさらに360°動画に移ることで、ショーの雰囲気も伝えることができます。 デザイナーはショーで、雰囲気、そして彼らの作品を表現したいと思っています。

Diane Von Furstenbergのチーフクリエイティブ・オフィサー ジョナサン・サンダース氏、ORDREファッション・ディレクター、共同設立者 キルステン・ロック氏

ORDREは、Orah、Insta360 Pro、Z CAM S1を含む複数のカメラを使用しています

質問:360°カメラについて聞かせてください

ダン・ナイト氏:画像については、2つのアプローチがあります。 もともとは高精細一眼レフカメラでした。 しかし、最近では「The Orb」とよばれる写真ブースを開発し、特許を取得しています。 そこには120台のカメラがあり、モデルはすべての角度から撮影され、すべての写真をステッチすることができます。私たちは、サードパーティの企業と香港のチームと一緒に、資産回収のために取り組んでいます。 これについては、世界的な特許を取得する予定ですので、非常にエキサイティングなものになるでしょう。

360°のビデオキャプチャでは、いくつかの異なるカメラを使用しました。 はじめはOrahを使用しておりましたが、その後、Insta360 ProとZ CAM S1に変更しました。 それぞれのカメラには長所と短所があります。 現在チームはミラノで、ミラノファッションショーの新興デザイナーとのインタビューを行っています。

部屋の真ん中には360°のカメラがあり、デザイナーは部屋の周りのさまざまなレールに行き、服を取り出します。 彼らはカメラに向かって話し、服を説明します。買い手はデザイナーから直接聞く機会を得られないことが多いので、これは良いことです。 私たちは360°カメラを使って、バイヤーに服を着たデザイナーから直接話を聞いて、まるでそこにいるかのようにあらゆる角度から服を見ることができます。 近いショットのためには、いくつかの異なるカメラを使用しています。

多くの購入者にとって初めてバーチャルリアリティを体験し、初めてヘッドセットを装着することになるでしょう。 私たちの会社が、その経験を提供できるのはとても嬉しいことです。

Proenza Schouler 春夏2018 ショー

パリでのProenza Schouler のショーの映像

Proenza Schoulerは、デザイナーのJack McColloughとLazaro Hernandezによって2002年に設立されたニューヨークに拠点を置く女性用アクセサリーブランドです。 Proenza Schoulerは、Barneys New York、Bergdorf Goodman、Harvey Nichols、Colette、Joyceなど、世界で最も高級な小売店舗の100を超える店舗で販売されています。

ORDREは、使いやすさ、アプリケーションの制作効率の高さでInstaVRを選びました

質問:なぜInstaVRを使い始めましたか?

ダン・ナイト氏:もともと私たちはロンドンの技術チームとバーチャルリアリティアプリを作成するつもりでした。 しかし、かなりの時間と労力がかかることが明らかでした。 VRがかなり新しい分野であることを考えると、それを専門とする会社を使う方がより早く、簡単になります。 そこでいくつかの企業を試しましたが、InstaVRは使いやすく、AndroidとiOSの両方のアプリケーションを構築するという点では非常に簡単でした。これは私たちの最優先事項です。

現時点では、 バイヤーが利用する最も一般的なデバイスであるため、AndroidとiOSへ対応していることが重要です。 今後は、Oculus RiftやViveのようなより高度なプラットフォームでの利用を検討しています。 しかし、現時点では多くの人はそれらがないので、ユーザーが持つデバイスに焦点を当てたいと考えています。

InstaVRコンソールで編集中のProenza Schoulerショー

ORDREはInstaVRのオフラインダウンロード機能を活用し、ファッションバイヤーが体験したいVRビデオを選ぶことができるようにサイズの小さいアプリを展開しています

質問:InstaVRを使用してアプリケーションを構築する方法について教えてください。

ダン・ナイト氏:最初に作成するアプリにはすべてのショーが含まれます。 たとえば、パリのProenza Schoulerショー、New YorkのDiane Von Furstenbergショー、New YorkのLindaショー、新興のデザイナーインタビューなど、InstaVRで作成された1つのアプリにすべて含みます。 これにより、バイヤーは、すべてのショーを含むアプリを比較的容易に知ることができます。 新しいショーがリリースされると、新しいバージョンのアプリを入手するだけです。

アプリサイズはInstaVRのオフライン機能を使って、基本的には動画のダウンロードはなく、Androidの場合は30 MB、iOSの場合は100 MBです。 次に、バイヤーは、自分が望む動画を選んでその動画をダウンロードして見ることができます。 彼らは常に高品質のバージョンを取得しようとしており、常に完全にダウンロードされるため、バッファリングに関する問題は発生しません。 それが主なアプローチであり、私たちがInstaVRを使いたい理由の1つでした。

ファイルをあらかじめパッケージ化して送信することが最善です。 私たちは、バイヤーに動画をダウンロードし、それをVRアプリケーションでネイティブに再生する方法を説明することを考えました。 Androidの場合は比較的簡単ですが、iOSの場合はiPhoneをPCに接続して、iTunesに同期させる必要がありました。 よってInstaVRのシンプルさは、App Storeからアプリをダウンロードするだけで、本当にうまく機能しました。

後ろのデザイナーは初めてProenza SchoulerコレクションをVRで見る

VRは将来購入プロセスに組み込まれる可能性が高い

質問:あなたのようなビジネスでは、どのようにVRが進化していますか?

ダン・ナイト氏:明らかに、VRはまだ初期の段階です。 ビジネスの大きな部分を占めてきた場合には、既存のプラットフォームと統合したいと考えています。 これによって、バイヤーがVR体験で買い物をすることができるようにすることができます。 モデルがランウェイに出てくると、Samsung GearVR、Oculus、もしくはその他のBluetoothコントローラーのボタンをクリックし、好きなファッションを保存することができます。 こうなると非常に興味深いことですが、おそらくこれはもう少し時間がかかるでしょう。

ショールームで使用されているORDER VRアプリ

InstaVRは独自のアプリケーションを構築するよりも何倍も高速です

質問:InstaVRの使用を検討している企業へのご意見は?

ダン・ナイト氏:InstaVRについて私たちが気に入っていることの1つは、アプリの構築がおそらくプロセスの中で最も早いことです。 Appleへのサブミッションやモバイルへの配布などは、実際にはアプリケーションを構築するより時間がかかります。 それはかなりエキサイティングです。 InstaVRは独自のアプリケーションを構築するよりも何倍も高速です。 あなたがVR専門の会社でない限り、InstaVRはアプリケーションを構築するための明白な選択です。

ORDRE 及びダン・ナイト氏、InstaVRをお選びいただきありがとうございます。