研究者のためのVR:研究にバーチャルリアリティを使用するためのヒント

バーチャルリアリティ(VR)と360°メディアは、研究者によって広く使われています。 彼らは社会のVRの影響を探求したいだけでなく、それぞれの分野の技術を活用して真相を得たいと考えています。 以下では、研究のためのVRを使用する際のヒントとテクニックを紹介します。

VRとARが社会に普及するにつれて、それが研究のためにどのように利用されるのかについての自然な傾向があります。 ユーザーを没入型環境に置くことによって可能性は非常に高く、この技術によってもたらされるコスト削減は重要です。 研究者は、大学、コンサルティング会社、民間企業で、幅広いユースケースにわたってこの技術がどれほど有効であるかを検討しています。

研究者は、全体的および特定の業界の両方の技術の影響を調べるので、フィードバックを得るために技術の機能を最大限に活用することが重要です。 バーチャルリアリティの即時性と没入感は従来の2Dメディアよりはるかに優れています。また、VR体験後、被験者へ質問をすることはとても有益です。 実際のデータポイントをアプリ内で収集して、より正式なデータを得ることができます。

VRアプリケーションの作成中に無視されているかもしれない、研究者にとって最も重要な3つの InstaVRの機能をみていきましょう。

ユーザーの視点を可視化するヒートマップ機能

ヒートマップについては、以前もブログで紹介いたしました。 マーケティング担当者やレスポンスを重視するVR制作者が最も多く質問している機能の1つです。クイックサマリーを提供するため、ヒートマップは時間の経過とともにVR体験の中心的な焦点に集められた大量のデータポイントを取ります。集められたデータはヘッドセットをつけていたときに、一定の間隔で視聴者がどこを見ていたかを視覚的に表現するために360°画像自体にマップされます。

VRを通じてヒートマップを使用した結果の一部はかなり普遍的です。 たとえば、あなたの360°動画に人がいる場合、視聴者は周囲よりも人々に注意を払う可能性が高くなります。 また360°画像の視聴者の大多数は、360°の完全な視野を持っているにもかかわらず、最初に提示された180°に焦点を当てていました。特に目の前にある90°に注目していました。

さらに、ヒートマップから非常に興味深いデータを推定することができます。特に、CSVデータのエクスポート機能を使用すると解析が簡単です。ある研究者がInstaVRを使用してさまざまなVR禁煙体験を作成し 、CSVにエクスポートしたヒートマップデータを利用して360°画像のどの部分が 最も注目されたかを知りました。 注目された視点は、VR体験の成功を示しました。 これは、データ志向型VR制作者が効果的なVRメディアを作成できるようにするデータのタイプです。

ホットスポットによるユーザーインタラクションの作成

VRの研究を行う上で重要なことは、体験をインタラクティブにすることです。 ホットスポットは、具体的には、VRアプリケーションを受け身から能動的に移行させます。 それらは、より多くの意思決定と情報交換を可能にするために、ユーザが臨場感あふれる環境に従事する必要があります。 注視またはハンドコントローラを使用してホットスポットへアクセスすると、静止画(jpg / png)、動画(mp4)、またはテキスト(jpg / png形式で保存されます)が表示されます。

では、どのようにホットスポットを研究に使用するのでしょうか?

非常に基本的な例から始めましょう。 後でユーザーをテストできる情報を伝えるホットスポットを使うことができます。 たとえば、店内の靴をVRビューアで見て、その靴がどのように作成されたかホットスポットビデオを介して知ることができます。 VR体験の終わりに、靴がどのように作られたかを被験者に尋ねることができます。 コンピュータ上で同じ標準の2Dビデオを見るだけでなく、仮想環境での記憶のリコールが高い場合は、ヘッドセットでVRを体験すると情報の呼び起こしが増えると結論づけられます。 (そして外挿により、VRは従来のメディアよりも情報伝達の良い手段です)。

ホットスポットの使用例は非常に多くあります。 360°画像や動画を作成するために急いで、あまりにも多くのクライアントがホットスポットを追加してアプリをインタラクティブにすることを怠っています。 特に研究目的のために、ホットスポットの価値を過小評価しないでください。

ユーザー行動データを追跡するための分析

ヒートマップがユーザーの注目を集めている場所を示すのと同じように、アナリティクスはユーザー利用した360°環境の機能を示します。 これには、双方向性の2つの主要機能であるナビゲーションリンクとホットスポットの両方が含まれます。

InstaVR Analyticsの素晴らしい点は、大規模なユーザーグループに対して匿名でユーザーの行動を集約できることです。 これは製品リサーチのようなものには最適です。 VRでは2つのアイテムを提示することができます – 店舗の通路にあるシリアル – そして魅力的なパッケージのアイテムを凝視するようにユーザーに頼みましょう。 360没入型環境は現実の世界をシミュレートし、集計された回答を記録して消費者の注目を集めるために、より魅力的なパッケージであるかどうかを確認できます。 テスト対象が実際にその場所を訪問しなくても、できるだけ近くで購入環境をシミュレートすることができます。

結論

研究のためのVR の使用 – ヘッドセット着用者のVRの影響を観察するか、またはユーザーの行動を分析するための360°の環境を作成することは非常に人気があります。 私たちには、大学の部署、大企業の革新的な研究室、非常に大きなコンサルタント企業が、ユーザーの行動データを観察して記録できるVRアプリケーションをInstaVRを使用して作成しています。 InstaVRよりも簡単にVRを作成して配布できる方法は他にはありません。 また、ホットスポット、ヒートマップ、アナリティクスなど、InstaVRで可能なインタラクティビティを導入すると、非常に有用で洞察力のあるデータを生成できます。

研究用にVRを使用しようとし、コストが高すぎる、または時間がかかると思った経験がある方は、われわれのプラットフォームがいかに簡単で費用対効果の高い方法であるかに驚くでしょう。
無料のアカウントをhttps://console.instavr.co/signupで登録し、研究成果を10,000人以上のお客様と共有したい場合はぜひお知らせください。