InstaVRがスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット

「Oculus Go」への出力に対応

高品質VR体験の作成・配信・分析を今すぐ業務に組み込める 「InstaVR」

2017年 10月12日、InstaVR株式会社(代表取締役 芳賀 洋行、本社:東京都中央区、以下「InstaVR」)は、InstaVRがフェイスブック社発表のスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット 「Oculus Go」への出力に対応したことをお知らせ致します。

Oculusは米国サンノゼで現地時間2017年10月11日(日本時間2017年10月12日) に開発者会議Oculus Connect 4イベントを開催し、フェイスブック社のCEO、マーク・ザッカーバーグがスマートフォンやPC不要で単体で動作するモバイルVRヘッドセット、「Oculus Go」を発表致しました。「Oculus Go」の価格は199米ドル(約2万2000円)からで、2018年初旬にも出荷が開始する予定と発表されています。

InstaVRはこのスマホ/PC不要の単体VRヘッドセット「Oculus Go」へのVRアプリ出力に対応致しました。InstaVRのユーザーはこれまでにInstaVRで作成したVR体験をワンクリックで「Oculus Go」に出力し、「Oculus Go」をお持ちのユーザーに VR体験を届けることができます。「Oculus Go」ユーザーは注視点 もしくは、付属コントローラーでInstaVRから出力したVR体験を操作することができます。

これまで高品質なVR体験を行なうにはVRヘッドセットの他に高性能のスマートフォン、もしくは高性能のPCを購入する必要がありました。 今回新たにスマホ/PC不要で2万円台という低価格の単体VRヘッドセット「Oculus Go」への出力にInstaVRが対応したことで、より幅広い顧客へのVR体験の提供を行なうことができます。

図1) InstaVRから「Oculus Go」への出力画面。ワンクリックで「Oculus Go」対応VRアプリが作成できる。

図2) スマホ/PC不要で単体で動作するモバイルVRヘッドセット「Oculus Go」。画像提供 Oculus

InstaVRは今後も積極的に新規VRプラットフォームの対応を行い、より多くのVRプラットフォームでの 様々な用途へのVR配信に対応してまいります。