Google Daydreamとは何ですか?

Google Daydreamは2016年11月に発売されたVRプラットフォームとモバイルヘッドセットです。Gear VRヘッドセットと似ていますが、Daydreamはよりスタイリッシュで快適をコンセプトに販売されており、ハンドコントローラも付属されています。Googleは当初、Google PixelとPixel XLスマートフォンのみで利用できるようにヘッドセットの互換性を制限していました。 2017年7月、Googleは11機種のスマートフォンとの互換性を拡大する計画を発表し、2017年中には220万個のDaydreamヘッドセットの出荷を予定しております。

なぜGoogle Daydreamにアプリを公開するのですか?

Google Daydreamは、Samsung Gear VRと同様に、安定したモバイルヘッドセットでのVR体験を提供します。手頃な価格の9,000円前後で購入できるヘッドセットは、エントリーレベルのGoogle Cardboardよりもはるかに没入感があり、Gear VRよりも軽くてスタイリッシュです。小グループ向けのプレゼンテーションやイベントでの利用を考えている場合は、Google Daydreamヘッドセットで視聴できるInstaVRで作成されたアプリケーションのエンドユーザーエクスペリエンスは非常に強力です。多くの新しいGoogle Daydream対応端末が発売され、プラットフォームへのアプリ公開に大きな期待が寄せられています。

InstaVRはなぜGoogle Daydreamへのアプリ公開に適していますか?

簡単で強力なオーサリングプラットフォームを持つ以外にも、InstaVRには、Google Daydreamへの公開を簡単にするための多くの機能があります。

  1. InstaVRは現在Google Daydream用のアプリ作成ができる数少ないVRプラットフォームの1つです。
    「一度のオーサリングで、あらゆるプラットフォームにアプリを公開する」というInstaVRの特徴を活用し、他のプラットフォームと同じアプリをGoogle Daydreamに簡単に公開することができます。
  2. InstaVR で作成されたGoogle Daydream用のアプリは、ハンドコントローラに対応しています。
    視聴者は、パッケージ化されたアプリケーションで視覚的に表示されるGoogle Daydreamハンドコントローラを通じて、ナビゲーションリンクやホットスポットを選択しスムースな操作でVR体験を楽しむことができます。
  3. 新しいGoogle Daydream対応端末を使ってアプリの視聴が可能です。
    2017年から2018年にかけて、より多くのGoogle Daydream対応端末の発売が予定されています。InstaVRで作成したアプリを各種端末を使って視聴することが可能です。

メリット

  • 高解像度で長時間のVR体験をサポートする没入型モバイルプラットフォーム
  • スタイリッシュで軽い装着感で長時間の利用に最適です
  • Gear VRより簡単に社内アプリを公開できます

デメリット

  • 現時点ではGoogle独自のPixelフォンのみで利用が可能です。今後対応端末の拡大が予定されています。
  • 制限された独自のGoogle Playストアでのアプリ配信がされています。(標準のGoogle Playとは異なります)
  • HTC ViveやOculus Riftに比べると没入感は劣ります