Oculus Riftとは何ですか?

Oculus Riftは、2012年に開発された高性能のヘッドセットとプラットフォームで、現在Facebookが所有しています。HTC Viveと同様に、Oculus Riftを利用するにはコンピュータとの接続を必要とし、カメラとハンドコントローラーを組み込んだルームスケールVRの視聴が可能です。現在50万個以上のOculus Riftが使用されていると推定されています。近い将来にモバイルRiftヘッドセットの発売も予定されています。

なぜOculus Riftにアプリ公開するのですか?

HTC Viveと同様、Oculus Riftは、Gear VRやGoogle Daydreamよりも没入感のあるパワフルなVRの視聴が可能なプラットフォームです。ルームスケールVRとより洗練されたハンドコントローラーを備えたOculus Riftは、より高度でインタラクティブなVR体験を実現します。また、ヘッドセットはコンピュータに接続されているため、InstaVRを使用し無制限の長さのVR体験を作成し、Oculus Riftで視聴することができます。

InstaVRはなぜOculus Riftへのアプリ公開に適していますか?

InstaVRには、シンプルで安定したオーサリングプラットフォームである以上に、Oculus Riftへのアプリ公開を容易にする多くの機能があります。

  1. InstaVRは現在、Oculus Riftへのアプリ公開に対応している数少ないVRプラットフォームの1つです。
    「一度のオーサリングで、あらゆるプラットフォームにアプリを公開する」というInstaVRの特徴を活用し、他のプラットフォーム向けに作成している同じアプリケーションをOculus Riftに簡単に公開することができます。
  2. InstaVRはキューブマップを含む様々な3D画像に対応しています。
    Oculus Riftは、非常に高解像度のデータ集約型メディアを使用するエンジニア、建築家、デザイナーなどにとても人気のあるプラットフォームです。 InstaVRは、Autodesk Maya、Autodesk 3ds Max、Lumion、V-Rayなどのプラットフォームで作成された画像/動画を取り込むことができます。
  3. InstaVRは長い時間の360 VR体験を公開することができます。
    InstaVR PRO版では、Oculus Riftに公開するVR体験の長さ制限がありません。つまり、トレーニング、教育、エンターテインメントなどに最適であると言えます。

メリット

  • デュアルハンドコントローラを使用した、高性能な没入型のプラットフォーム
  • 電源に接続されているため(Gear VRのようにバッテリーの消耗がない)
  • アプリの長さに制限がなく、長い時間の高品質なVR体験に最適

デメリット

  • モバイル型ではないので、移動や大規模なグループでの利用には適していません
  • 高性能なハイエンドコンピュータに接続する必要があります
  • 現在のところ、Windowsベースのコンピュータでのみ動作します