政府のVR活用事例 GOVERNMENT

InstaVRは政府にも使用されています

認知度向上、PR、町おこしや地方創生、観光客の獲得、教育・育成の効率化とコスト削減

グローバルVRソリューション「InstaVR」を活用すると、営業担当者やマーケティング担当者はITやクリエイティブ職の従業員を巻き込むことなく、教育・育成VRアプリやプロモーション用のVRアプリを簡単に作成できます。

  • 観光地の認知度向上
  • 地方寄付金(ふるさと納税)数の増加
  • 災害時のシミュレーションと避難経路などの選定
  • ゲーム感覚で学習できる早期学校教育の効率化
  • リモートによる資格取得の簡易化
  • 専門教員が不要でできる疑似体験学習
  • 専門員費用の削減

効果

認知度向上

観光地のPR認知度向上による収益増加

観光地を紹介したPRのVRアプリを制作・配信することで、認知度向上につながります。
具体的には、雪のある時期にしかできないアクティビティや、夏のお祭りなど訪日外国人に人気のイベント、日本人にあまり知られていないご当地グルメなどです。
動画や写真で魅力を伝えることもできますが、VRの没入感体験にすることでよりリアルに訪問したり参加した時のイメージが記憶に残ります。観光地を訪れるきっかけになります。

地方寄付金(ふるさと納税)数の増加

地方寄付金(ふるさと納税)数の増加、町おこし、地方創生

PR認知度向上と似ていますが、地方紹介のVRアプリを制作・配信することで、より若い世代の地方寄付金(ふるさと納税)数の増加を見込むことができます。
地方寄付金は住んだことない地域に対してもおこなうことができるため、より身近に感じてもらい、そこに住む人々を知ってもらうことが重要です。

洪水

災害時のシミュレーションと避難経路などの選定

現実では再現が難しい災害時(地震、洪水、津波など)のシミュレーションが可能です。
災害時のシミュレーションを没入感体験で繰り返しおこなうことで、実際に直面した時に落ち着いて行動でき、さまざまな状況に適切に対処できるようになります。
また、地理的情報を盛り込むことで、避難経路の選定や災害時の輸送手順などを学習することもできます。

InstaVRについて

InstaVR株式会社

人を活かす日本発のグローバルVRソリューション「InstaVR」

現在までに世界50,000社、140ヶ国のお客様にご利用頂いており、海外売上比率が約9割となっています。
お客様の一例として、アメリカ合衆国農務省、アメリカ合衆国海軍、スミソニアン博物館、スタンフォード大学、イギリス政府(GOV.UK)、ファーマーズ保険グループ、琉球銀行、ターナー、CBS、サンリオ、ユナイテッドアローズ、エルメス、ニューバランス、ロクシタン、レッドブル、エクスペディア、ヒルトン、マリオット、ドバイ国際空港、ヒースロー国際空港、ユベントスFC、ワールド・サーフ・リーグ、アクセンチュア、PwC、デロイト、セールスフォース、SAP、国連、など世界の有力企業・組織が含まれております。
約250,000点のビジネス用途のVRコンテンツがInstaVRを介して活用されています。

ご不明な点はお問い合わせください

グローバルVRソリューション「InstaVR」の 製品・機能、事例、導入・運用方法、なんでも、ご不明な点があればお尋ねください。
弊社のコンサルタントがいつでもお待ちしております。

お問い合わせ
コンサル担当者の男性達