2019年4月15日

2019年春発売予定「Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)」最新情報(2019年4月15日更新)

2019年春発売予定「Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)」最新情報(2019年4月15日更新)

この記事のポイント

解像度が約1.4倍上昇
「Oculus Rift S」は「Oculus Rift」と比較して、解像度が約1.4倍上昇しています。
外部センサー不要
「Oculus Rift S」は外部センサーを必要とせず、トラッキングができるようになりました。
セットアップが簡単
外部センサーの設置が必要なくなったことで、セットアップが簡単になりました。

2019年春にOculus Riftに次ぐ、新しいVRヘッドセット「Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)」の発売が予定されています。
外部センサーを必要とせず、位置や手のトラッキングが可能となります。
本記事では、Oculus Rift Sの特徴や機能、価格、スペックなどの最新情報をご紹介します。

Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)とは?

Oculus Rift SとはOculus社から2019年春発売予定のVRヘッドセットです。
2016年3月に発売されたOculus Riftの改良型デバイスです。
外部センサーを必要とせず、トラッキングができるようになり、より簡単に使いやすくなったヘッドセットです。

Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)の価格

Oculus Rift Sの予定価格は約49,800円です。
しかし、日本語の公式サイトが公開されていることから、日本でも発売される可能性は高いと思います。
現在、Oculus GoやOculus Riftは公式サイトやAmazonなどから購入が可能となっているため、Oculus Rift Sも同様に発売される可能性は高いです。

Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)のスペック

解像度 2560×1440、液晶
リフレッシュレート 80Hz
ストレージ 不明
プロセッサ 不明
視野角 110度(Riftと同程度)
トラッキング 6DoF(頭の動きと身体全体の前後左右上下の動きをトラッキングする機能)
外部センサー 不要
瞳孔間距離調整 なし(ソフトウェア側で調整)
PCとの接続 必要

Oculus Rift Sと接続するPCスペック

推奨スペック

グラフィックカード(GPU) NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480 or greater
CPU Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X or greater
メモリー 8GB+ RAM
OS Windows 10
ディスプレイ出力 DisplayPort 1.2、Mini DsiplayPort to DisplayPort Adapter
USBポート USB 3.0×1

最低スペック

グラフィックカード(GPU) NVIDIA GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470 or greater
CPU Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200, FX4350 or greater
メモリー 8GB+ RAM
OS Windows 10
ディスプレイ出力 DisplayPort 1.2、Mini DsiplayPort to DisplayPort Adapter
USBポート USB 3.0×1