採用情報2019-12-31T01:41:24+09:00

人類の可能性を無限にする

時間と空間の制限を無くし、
いつでも、どこでも、なんどでも
だれもが、あらゆることを体験できる世界をつくる

この現実世界には、時間と空間という大きな制約があります。
例えば、焼いたパンを元に戻すことはできませんし、片道2時間の職場に一瞬で移動することもできません。

また、生きていくのに必要な能力の獲得には一定の「経験」が必要です。
しかし、経験するのに必要な機材や施設はいつでも使えるわけではありませんし、教えてくれる人はいつもいるとは限りません。経験に相手が必要だったり、お金のかかる材料や燃料を毎回消費しないとできない経験もあります。

人が得られる「経験」は時間や空間に制限されているんです。

しかし、時間と空間の制限がなくなれば、人は無限に「経験」することができます。

無限に経験できれば、人は際限なくレベルアップすることができます。

InstaVRは、VRを活用し時間と空間の制限を無くすことで、人が経験値を得るチャンスを無限にし、あらゆる人が迅速に能力を獲得できる世界を作っています。

創業者 / 代表取締役社長
芳賀 洋行

InstaVR代表取締役社長。10歳からプログラミングを始める。会津大学在学中90年代にVRプロジェクトに参画する。2003年にカナダを代表するCGソフトウェア企業Aliasに入社し、翌年には世界最優秀セールスエンジニア賞を受賞する。Alias社の長年のハリウッドにおける貢献が認められ社としてアカデミー賞科学技術賞を取得しオスカー像を持つ経験をする。社長賞2回。2005年、Alias社は3DCG世界最大手米国オートデスクに買収される。「会社がなくなる」「資本主義」を体系的に理解するため、グロービス経営大学院MBAにてビジネスについて学び始める。買収されたオートデスクでは日本人初の開発エンジニアとしてハリウッドに中核を持つ特殊開発チームに所属し、様々な特別プロジェクトを成功に導き、5年連続、エンジニア上位5%のトップエンジニア評価を受ける。この頃から日本の衰退を肌で感じはじめ「どうすれば日本を再興できるのか」と考えるようになり、2011年、当時急成長だったグリーに参画する。グリーではプロダクトマネジャー/UKスタジオ エンジニアリングマネジャーを歴任した後、CTO室でCTOの補佐を務める。2013年にフリーに転向。個人開発者として13アプリをリリースし日本1位を3アプリで達成。個人開発したVRアプリが世界のニーズを捉え、グーグル社のVRアプリを超えるVRアプリダウンロード数世界1位を達成、150万ダウンロードを超える大ヒットとなる。2014年、DropboxやAirBnBを生んだ Y Combinator のStartupスクールに合格し、渡米。InstagramやTwitchの創業者の生の声を聴き、同じ等身大の人として創業者達を捉えられるようになる。自分の可能性を信じ、2015年12月にInstaVR起業。2016年1月ラスベガスCES2016でVRプラットフォームを発表、2016年3月にテキサス州オースティンで開催されたSXSWにて製品を提供開始し、スミソニアン博物館など米国を代表する顧客の獲得に成功する。以来InstaVRは順調に成長を続け、140カ国、5万社に採用されるに至る。現在は「人類の可能性を無限にする」をミッションに掲げ、未踏を超え、未踏を突き進んでいる。会津大学コンピュータサイエインスBS/グロービス経営大学院MBA。

チーム

取締役
カスタマーサクセス本部長
兼 コーポレート本部長

西田 尚史

高校卒業までの18年間を4ヵ国で過ごす(日本、米国、イギリス、タイ)。東京大学法学部卒業後、2012年にアビームM&Aコンサルティング(現PwC Deals Strategy) 入社し、戦略構築からクロスボーダーM&Aのコンサルティング・フィナンシャルアドバイザリー業務、企業再生等に従事(最年少マネージャー(当時))。2016年にエアアジア・ジャパンに経営企画室長として参画。本邦航空会社の会社設立のためのプロジェクトマネジメント、立ち上げ後の成長戦略の立案に従事し、在任中、追加増資のためのファイナンスも経験。2018年よりInstaVRへ参画し、戦略、実行、管理会計、セキュリティ資格取得、監査対応など多様な業務を掌握。現在大手企業向けに、経営課題をブレイクダウンし、実行、ROI算出とさらなる浸透まで伴走するVRハンズオン導入支援に従事している。

執行役員
営業部長

板垣 良太

InstaVR 執行役員 営業部長。中央大学商学部卒業後、2011年に伊藤忠テクノソリューションズ株式会社に入社、エンタープライズ向けに10〜100億円規模の新規提案、導入PJに従事。2016年、freee株式会社に新規事業立上メンバーとして参画。ISからセールス、カスタマー・サクセス、新規事業開発と幅広い業務を経験。同時にパラレルキャリアとして、マーケティング、コンサルティング業務に従事。2018年よりInstaVR株式会社へ参画し、パートナーセールス・マネジャーを経て現職。新規営業を中心に、設計、立案から実行までこなしている。

社外取締役

堤 達生

大学院卒業後、三和総合研究所、グローバルブレインを経て、株式会社サイバーエージェント及び株式会社リクルート、グリー株式会社にて、新規事業開発及びコーポレートベンチャーキャピタルの設立と運用に従事。その後、新たにベンチャーキャピタルファンド(現STRIVE)を創業して、代表パートナーに就任。

開発本部
リードデベロッパー

小池 昇

InstaVR リードデベロッパー。グリー株式会社、株式会社メタップスを経て、InstaVRに初期メンバーとして参画。
バックエンド、フロントエンド、決済、インフラ、運用監視などのウェブ開発のみならず、InstaVRのコア・テクノロジーであるVRアプリパッケージシステムの開発や、VRアプリ自体の開発までこなすオールラウンド・エンジニア。セルフスタート・セルフモチベーションを体現するエンジニアとしてInstaVRのエンジニアリングを牽引している。

InstaVRで働く

募集職種